DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

GMOコインとは?口座開設方法や使い方、手数料を徹底解説!

Pocket

仮想通貨取引所のGMOコイン。評価や口座開設方法、使い方を解説しています。手数料の情報も記載しているので他の取引所と比較する際に参考にしてください。

目次

GMOコインの基本的な特徴

基本情報

総合評価 A
種別 ・仮想通貨販売所(全取扱通貨対応)
・仮想通貨取引所(ビットコインのみ)
仮想通貨
交換業認可
登録番号 関東財務局長 第00006号
所属団体 日本資金決済業協会
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)
日本ブロックチェーン協会
セキュリティ ・顧客資産の分別管理
・コールドウォレット管理
・マルチ・シグネチャ対応
スマホ対応 対応(AppStoreGooglePlay)
運営会社 GMOコイン株式会社
資本金 17億5800万円(資本準備金含)
代表取締役 石村 富隆
設立年月 2016年10月
公式サイト GMOコイン
公式SNS GMOコイン公式Twitter
GMOコイン公式facebook

おすすめ仮想通貨取引所ランキング

GMOコインのメリット

販売所と取引所をどちらも使用出来る

GMOコインでは販売所形式と取引所形式のどちらも扱っています。販売所形式では自分が指定した数量の通貨を売買することが出来ます。取引所に慣れていない方でも販売所を使えば簡単に仮想通貨を購入出来ます。もちろん手数料を安く抑えたい方は取引所(ビットコインのみ対応)を使用出来ます。

安全性の高い取引環境

GMOコインはGMOインターネットグループ(東証一部上場)のノウハウを活かしたサポート体制とセキュリティー体制を兼ね備えています。

サポート体制

電話やメール、さらにはリアルタイムのチャットサポートでその場で疑問点を解消することが出来ます。それぞれサポートの受付時間は平日9時から17時の間です。

セキュリティー体制

GMOコインではGMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを生かした安全な取引環境を提供しています。そのため、仮想通貨の盗難やサイバー攻撃のリスクも低くなっています。

コールドウォレット管理

GMOコインでは即時送付に必要な分以外の仮想通貨はオフラインで管理された「コールドウォレット」によって保管されています。さらに、マルチシグシステムも利用されています。これによりハッキング等のリスクを下げることが出来ます。

マルチシグとは

簡単にいうと、仮想通貨にアクセスする秘密鍵を一人が管理するのではなく複数人で管理する仕組みのことです。これにより、一つの端末がハッキングされたり、パスワードが流出しても仮想通貨の盗難のリスクが低くなります。家のドアの鍵が複数あった方がセキュリティーが高くなるのをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは仮想通貨をオフラインで管理する仕組みのことです。インターネットに繋がれていないため、オンラインから不正アクセスをされる心配がありません。非常にセキュリティーの高い仮想通貨の管理方法です。

マルチシグ・コールドウォレットの詳しい解説はこちら

サイバー攻撃対策

GMOコインではサイバー攻撃対策として「アカウントの乗っ取り」「システムへの侵入」の2つの観点から対策されています。

アカウントの乗っ取り

ユーザーアカウントの乗っ取りに対しては以下のような対策が実施されています。

  • 日本円出金や仮想通貨送付の際に、2段階認証を必須化
  • ログイン実績のない環境からログインがあった際に、2段階認証を必須化
  • ログイン履歴の記録とメールによるユーザーへの通知

システムへの侵入

システムへの侵入に対しては以下のような対策が実施されています。

  • システムの24時間365日監視
  • 外部のセキュリティ専門家による定期的なシステム脆弱性診断
  • グループ会社と連携した脆弱性情報の収集

GMOコインのデメリット

金融庁から業務改善命令を受けた

2018年2月1日、金融庁からGMOコインに資金決済法に基づく業務改善命令が発表されました。この時指摘された業務改善命令の根拠は、資金決済に関する法律第63条の15第1項に基づくものです。これはシステムリスク管理態勢に関する業務改善命令になります。現在、命令に基づき対策を講じている最中です。

取引所の対応通貨が少ない

GMOコインの取引所で扱える通貨はビットコインだけです。取引所をメインで使用したい人はビットコイン以外の通貨にも対応している他の取引所がおすすめです。

対応通貨の多い取引所を探す

取り扱い通貨

GMOコインの販売所の取り扱い通貨は下記の5種類です。取引所の取り扱い通貨はビットコインのみの取り扱いになっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

GMOコインの口座開設のやり方

※現在の開設手順とは異なる可能性があります。

GMOコインの新規口座開設方法を順を追って解説します。

1.口座開設ページへアクセス

下のリンクからGMOコインの口座開設ページへアクセスします。

bitFlyerの口座開設はこちらから!

2.アカウント作成

口座を開設するためにはGMOコインのアカウントを作る必要があります。まずはGMOコインのホームページからアカウントを作成しましょう。メールアドレスまたはFacebook、GoogleのアカウントからGMOコインのアカウント作成を始めることが出来ます。安全性の面からメールアドレスでアカウントを作成することを推奨します。

3.パスワードの設定

メールアドレスを入力すると上の画像のような画面が表示されます。送られてきた認証メールのリンク先からパスワードを設定しましょう。

パスワードを2回入力し「設定する」を選択しまししょう。

パスワードに関して

パスワードを設定するにあたってセキュリティー面を考慮して、他サービスと同じパスワードを設定しないこと誕生日や個人情報から推測できるパスワードは避けることを推奨します。

4.電話番号による認証

口座開設を始める前に電話番号による認証が必要となります。まずは電話番号を入力しましょう。

電話番号を入力するとSMSでコードが送られてきます。送られてきたコードを入力し、アカウントの作成が完了となります。

引き続き「開設申込へ進む」を選択し、口座の開設を始めましょう。

5.個人情報の登録

口座開設にあたって最初に行うことは個人情報の登録です。各項目に沿って、名前、性別、生年月日、住所等を入力してください。

取引の目的にチェックをつけましょう。

忘れずに「同意する」を選択し、確認画面へ進んでください。間違いがなければ確認画面の下部にある「確定」を選択しましょう。

登録の際の注意点

個人情報の入力を誤ってしまうと本人確認ができず、口座開設ができなくなくなるため間違えないように気をつけましょう。

6.本人確認の方法

GMOコインではウェブアップロードと対面(配達業者に本人確認書類を提示)の2つの本人確認方法があります。ウェブアップロードと対面による本人確認方法とで「本人確認書類の種類」が異なる点があるので注意しましょう。

ウェブアップロード

ご自身のPCやスマートフォンから本人確認書類の画像をアップロードします。下記の中から一つを選択し、画像をアップロードしてください。画質が粗かったり暗くて見えにくいと再提出を求められることもあるので気を付けましょう。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

対面(配達業者に本人確認書類を提示)

本人確認書類をオンラインで提出する必要はありません。「受取時本人確認」ボタンを選択するだけで口座の申し込みは完了します。その後、登録内容が審査された上で「口座開設のお知らせ」の書類が送付されます。書類を受け取る際に配達業者に本人確認書類を提示する必要があります。下記の中から一つを提示してください。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

注意点

本人確認証書類は有効期限内のものを提出しましょう。提出した書類に不備がある場合は口座の開設が出来ません。

7.本人確認の審査

口座開設の申込みが完了すると上の画像のようなメールが届きます。
GMOコインの公式ホームページによると口座開設申込からお取引開始まで最短1日となっております。ほとんどの取引所に言えることですが、状況によって審査にかかる時間が異なります。審査が通ると、入力した住所宛てに暗証番号が記載されたはがきが届きます。簡易書留なので直接受け取る必要があります。郵便局の保管期間1週間以内に予定を合わせて受け取れるようにしましょう。

8.口座登録

審査が終わると画像のような「口座開設のお知らせ」というはがきが届きます。

「口座開設のお知らせ」に記載された口座開設コードを、ログイン後の会員ページの「会員ホーム」から入力しましょう。これで口座開設は完了です。

GMOコインの二段階認証の設定方法

2段階認証は自身のアカウントのセキュリティーを高めてくれるシステムです。GMOコインでは以下の3つの方法で2段階認証を設定することが出来ます。セキュリティー強化のためにも2段階認証を設定することを推奨します。設定するには会員ページの「口座情報」-「セキュリティー」-「2段階認証」から行いましょう。

アプリ(Google Authenticator)による認証

1.2段階認証の方法を変更をする

会員ページの「口座情報」-「セキュリティー」-「2段階認証」から「アプリへ変更を選択」します。

2.現在の認証方法で表示されている2段階認証コードを入力

現在の認証方法で表示されている6桁の2段階認証コードを入力するとQRコードが表示されます。

3.アプリで認証する

Google AuthenticatorでQRコードを読み込みます。Google Authenticatorで表示されるコードを入力します。これでアプリによる2段階認証の設定は完了です。

Google Authenticatorの詳しい使い方はこちら 2FA(2段階認証)の仕組みや設定方法等の詳しい解説はこちら!

SMSによる認証

1.2段階認証の方法を変更をする

会員ページの「口座情報」-「セキュリティー」-「2段階認証」から「SMSへ変更を選択」します。

2.現在の認証方法で表示されている2段階認証コードを入力

現在の認証方法で表示されている6桁の2段階認証コードを入力すると、登録されている電話番号にコードが送信されます。

3.送信されたコードを入力

送信されたコードを入力します。これでSMSによる2段階認証の設定は完了です。

電話による認証

1.2段階認証の方法を変更をする

会員ページの「口座情報」-「セキュリティー」-「2段階認証」から「お電話へ変更を選択」します。

2.現在の認証方法で表示されている2段階認証コードを入力

「お電話へ変更」を選択します。登録されている電話番号に電話がかかってきます。

3.自動音声で読み上げられた認証コードを入力

自動音声により読み上げられた認証コードを入力してください。これで電話による2段階認証の設定は完了です。