DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

bitbank(ビットバンク)とは?口座開設方法や使い方、手数料を徹底解説!

Pocket

仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)。評価や口座開設方法、使い方を解説しています。手数料の情報も記載しているので他の取引所と比較する際に参考にしてください。

目次

bitbank(ビットバンク)の基本的な特徴

基本情報

総合評価 S
種別 仮想通貨取引所
対応仮想通貨 ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCC)、モナコイン(MONA)、ライトコイン(LTC)
仮想通貨
交換業認可
登録番号 関東財務局長 第00004号
所属団体 日本仮想通貨交換業協会
日本仮想通貨事業者協会
ブロックチェーン推進協会
セキュリティ ・コールドウォレット保管
・マルチ・シグネチャ対応
スマホ対応 対応(AppStoreGooglePlay)
運営会社 ビットバンク株式会社
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
代表取締役 廣末 紀之
設立年月日 2014年5月
公式サイト bitbank
公式SNS bitbank公式Twitter
bitbank公式facebook
bitbank公式仮想通貨メディア BTCNews

おすすめ仮想通貨取引所ランキング

bitbank(ビットバンク)のメリット

高いセキュリティーシステム

bitbankではマルチシグシステムを利用し、仮想通貨をコールドウォレットで管理しています。また、bitbankのホットウォレットにはユーザーの資産は含まれておらず、bitbankの運用資産のみ入っています。万が一ホットウォレットから仮想通貨を盗まれてもユーザーに被害が出る可能性は低いでしょう。

マルチシグとは

簡単にいうと、仮想通貨にアクセスする秘密鍵を一人が管理するのではなく複数人で管理する仕組みのことです。これにより、一つの端末がハッキングされたり、パスワードが流出しても仮想通貨の盗難のリスクが低くなります。家のドアの鍵が複数あった方がセキュリティーが高くなるのをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは仮想通貨をオフラインで管理する仕組みのことです。インターネットに繋がれていないため、オンラインから不正アクセスをされる心配がありません。非常にセキュリティーの高い仮想通貨の管理方法です。

マルチシグ・コールドウォレットの詳しい解説はこちら

使いやすい取引画面

多機能なチャートツール

bitbankは100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用しています。TradingViewはブラウザで使えるチャートツールです。非常に多くの機能を備えており、人気なチャートツールです。また、基本的な機能であれば無料で使うことが出来ます。1から仮想通貨の取引を勉強したい方にとっては嬉しいサービスです。

見やすい取引画面

bitbankはチャート、取引板、注文画面が一つの画面に表示されています。また、余計な情報が少なく、見やすい配色になっているので非常に使いやすい画面になっています。

bitbank(ビットバンク)のデメリット

イーサリアムを日本円で購入できない

bitbankではイーサリアムをビットコインでしか購入できません。そのため、イーサリアムを購入するためには日本円でビットコインを購入する必要があります。イーサリアムの購入を面倒に感じる方は他の取引所を使うことをオススメします。

イーサリアムを日本円で購入できる取引所を探す

販売所がない

ビットバンクには取引所しかありません。販売所の方が仮想通貨の購入が簡単なので、初心者の方にはデメリットになるかもしれません。初心者の方には販売所がある取引所を使うことをオススメします。

販売所がある取引所を探す

ビットコインキャッシュの表記

bitbankではビットコインキャッシュの表記が他の取引所とは異なります。他の取引所ではビットコインキャッシュの表記は「BCH」となっているのに対し、bitbankではビットコインキャッシュの表記が「BCC」となっています。これと同じ表記をする仮想通貨にビットコインコネクト(BCC)があるため非常に紛らわしくなっています。

金融庁から業務改善命令を受けた

2018年6月22日、金融庁からbitbankをはじめとする仮想通貨交換業者6社に資金決済法に基づく業務改善命令が発表されました。今回指摘された業務改善命令の根拠は、資金決済に関する法律第63条の16に基づくものです。そのメインはマネーロンダリングに関する業務改善命令になります。現在、命令に基づき対策を講じている最中です。

取り扱い通貨

ビットバンクで取り扱っている通貨は6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

bitbankの新規口座開設方法を順を追って解説します。

1.口座開設ページへアクセス

口座を開設する前に公式サイトからアカウントを作成する必要があります。まずは下記のリンクから口座解説ページにアクセスし、メールアドレスを入力して登録を始めましょう。

bitbankの公式サイトはこちら!

2.パスワードの設定

送られてきたメールの認証用URLから本登録の手続きに進みましょう。その後、パスワードを2回入力し、「登録」を選択してください。これでアカウントの作成は完了です。

パスワードに関して

パスワードを設定するにあたってセキュリティー面を考慮して、他サービスと同じパスワードを設定しないこと誕生日や個人情報から推測できるパスワードは避けることを推奨します。

3.基本情報の登録

アカウントの作成が終わると口座開設が可能になります。まずは、基本情報を入力します。項目に沿って、名前、性別、住所等を入力してください。

4.本人確認書類の提出

本人確認の書類の提出を行います。本人確認には以下の4点のいずれかうちいずれか1つが必要となります。画質が粗かったり暗くて見えにくいと再提出を求められることもあるので気を付けましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 5.本人確認の審査

    bitbankの本人確認審査は本人確認審査は約1週間ほどかかります。ほとんどの取引所に言えることですが、状況によって審査にかかる時間が異なります。審査が通ると、入力した住所宛てに暗証番号が記載されたはがきが届きます。簡易書留なので直接受け取る必要があります。郵便局の保管期間1週間以内に予定を合わせて受け取れるようにしましょう。

    6.口座登録

    本人確認の審査が完了すると、上の画像のようなはがきが送られてきます。はがきに書いてある本人確認コードを入力して口座登録が完了します。

    7.セキュリティーについて

    bitbankではログインパスワード、二段階認証、SMS認証の3つでセキュリティー管理をすることが出来ます。それぞれについて設定手順を紹介します。

    ログインパスワード

    1.ログインパスワードの変更

    ログインパスワードはアカウント作成時に設定したパスワードです。アカウントのページから「セキュリティー」-「ログインパスワード」-「変更」を選択します。

    2.パスワードの設定

    現在のパスワードを入力して「変更リクエストを送信」を選択します。送られてきたメールURLからパスワードを再設定して完了です。

    二段階認証の設定

    1.2段階認証を設定する

    アカウントのページから「セキュリティー」-「2段階認証」-「設定」を選択してください。

    2.認証コードを入力

    表示されたQRコードを「Google Authenticator」か「IIJ SmartKey」で読み込みましょう。アプリに表示されている認証コードを入力後に「設定」を選択して完了です。おすすめできるのは、利用しているユーザーが非常に多いGoogle Authenticatorです

    Google Authenticatorの詳しい解説はこちら! 2FA(2段階認証)の仕組みや設定方法等の詳しい解説はこちら!

    SMS認証

    1.SMS認証を設定

    アカウントのページから「セキュリティー」-「SMS認証」-「設定」を選択してください。

    2.電話番号を入力

    電話番号を入力して、SMSで送られてきた認証番号を入力して「設定」を選択して完了です。