DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

MetaMask(メタマスク)とは?登録方法や使い方、バックアップ方法を徹底解説!

メタマスクのロゴ
Pocket

おすすめ関連記事

おすすめウォレットランキング!

おすすめブロックチェーンゲームランキング

イーサスキャンの使い方完全解説

ブロックチェーンゲームで使える仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)。入金・送金方法やウォレットの追加方法、その他全機能の使い方を解説しています。

MetaMask(メタマスク)の基本的な特徴

基本情報

総合評価 S
ウォレット種別 デスクトップウォレット
対応仮想通貨 イーサリアム(ETH)、ERC20トークン
利用料 無料
日本語対応 対応
PC対応 対応
スマホ対応 未対応
dappsブラウザ 未対応
独自機能 ・ウォレットアドレスの追加ができる
・他ウォレットのインポートができる
・MyEtherWalletと連携できる
運営会社 不明
公式サイト MetaMask
公式SNS MetaMask公式Twitter
MetaMask公式YouTubeチャンネル

おすすめ仮想通貨ウォレットランキング

MetaMask(メタマスク)のメリット

複数のウォレットの管理が可能

メタマスクは複数のウォレットを作成し、管理することができます。用途によってウォレットを使い分けたりすることもできます。

フィッシングサイトをブロックできる

メタマスクをインストールすることで、特に設定をすることもなくフィッシングサイトをブロックすることができます。フィッシングサイトを訪れた時にメタマスクから警告画面が表示されるので、警告画面が出た時は注意しましょう。

Web上での動作がとても軽い

メタマスクはブラウザに入れても動作が重くなるといったことがなく、快適に利用することができます。

ERCトークンを追加可能

ERCに準拠したトークンをウォレットに追加することが出来ます。トークンを追加すればdappsゲームで使うトークンも保管することが出来ます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と連携可能

メタマスクはMyEtherWalletと連携することができます。MyEtherWalletと連携することでメタマスクにあるトークンを送金することができます。トークンの送金方法に関しては「メタマスクでトークンを送る方法」を参考にしてください。

ハードウェアウォレットとの連携

メタマスクはハードウェアウォレットのTREZORと連携させることができます。連携するとメタマスクから送金する際にメタマスクだけではなくTREZORからの承認も必要になります。そのため、万が一PCを盗まれたりメタマスクのパスワードが他者に伝わっても、勝手に送金されることはないので安心できるでしょう。

MetaMask(メタマスク)のデメリット

PCでしか使用出来ない

メタマスクはデスクトップウォレットです。機能は多いですがモバイルウォレットと違い、いつでもdappsゲームをプレイできる訳ではありません。スマホでdappsゲームをプレイしたい人はメタマスクが必要ありません。

ホットウォレット管理

メタマスクはホットウォレット(インターネットに接続されているウォレット)です。ホットウォレットはコールドウォレットと比べるとハッキングされる可能性が高いです。しかし、メタマスクは秘密鍵を採用しているのでホットウォレットであってもハッキングされる危険性は低いと言えます。

ホットウォレット・コールドウォレットに関して詳細はこちら!

MetaMask(メタマスク)の登録方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクの登録方法について解説します。メタマスクの公式から動画による解説動画も出ているので必要に応じてそちらも参考にしてください。

1.Google Chromeのインストール

メタマスクはPC版ではGoogle Chrome、Firefox、Opera、Brave上でのみ使用できるツールです。スマホ版ではFirefox(Amdroidのみ)で使用できます。この記事では利用が簡単なGoogle Chromeでのメタマスクのインストール方法を解説します。Google Chromeを利用していない方は以下のリンクよりGoogle Chromeをインストールをしましょう。

Chromeのインストールはこちら!

2.MetaMask(メタマスク)の公式サイトへアクセス

以下のリンクよりメタマスクの公式サイトへアクセスします。トップページが表示されるとChromeの翻訳ツールが出てくるので「翻訳」を選択しましょう。(「翻訳」を選択しなくてもいいですが、以下では日本語訳された画面で解説します。)

MetaMaskのダウンロードはこちらから!

3.Metamask(メタマスク)をChromeに追加する準備

Google Chromeの拡張機能を使ってメタマスクをChromeに追加します。「CHROME拡張機能を利用する」を選択しましょう。

4.MetaMask(メタマスク)をChromeに追加

表示画面右上の青いボタンの「Chromeに追加」を選択します。

5.拡張機能を追加

「拡張機能を追加」を選択する。

6.MetaMask(メタマスク)の追加を確認

メタマスクが追加されるとブラウザの右上にキツネのマークが表示されます。これで完了です。

7.MetaMask(メタマスク)を開く

メタマスクのインストールが完了するとブラウザ右上に上画像のようなキツネのマークが表示されます。選択するとアナウンスメントが開きます。

新しいバージョンの紹介があります。新しいバージョンのメタマスクの方が使い勝手が良いので特に理由が無い限り新しいバージョンを使用します。下部に表示される「TRY IT NOW」を選択してください。

ブラウザが開きメタマスクベータ版へようこそ!と表示されます。その下の画面の「続行」を選択します。

8.パスワードを入力

パスワード入力画面です。8文字以上のパスワードを自分で設定し入力します。入力が完了したら「CREATE」を選択します。

アカウントのアイコンが表示されます。「NEXT」を選択します。

パスワードに関して

パスワードを設定するにあたってセキュリティー面を考慮して、他サービスと同じパスワードを設定しないこと誕生日や個人情報から推測できるパスワードは避けることを推奨します。

9.利用規約などを確認

利用規約が開きます。下までスクロールし「ACCEPT」を選択します。

プライバシーに関するお知らせ、フィッシングサイトへの注意が表示されます。それぞれ「ACCEPT」を選択します。

10.バックアップをとる

メタマスクではバックアップフレーズのことをパスフレーズ、プライベートキー、シードフレーズと呼んでいますが、この記事ではバックアップフレーズで統一させていただきます。

バックアップフレーズが表示されます。鍵マークになっているところをクリックし表示させます。

バックアップフレーズの保管に関して

表示されたフレーズを全て順番通りメモなどに保管して下さい。このバックアップフレーズは復元する際に使用するもので非常に重要です。万が一、他者に伝わってしまった場合、ウォレットを譲渡することと同じになってしまいますのでご注意ください。フレーズが記載された画面をスクリーンショットしてオンラインのスマホ、PCへ保管する方法は情報流出のリスクがあります。そのため、ネットに繋がっていない環境でテキストファイルでの保存や紙に記入(記入ミスをされないようご注意してください)をするなど、オフラインでの保管をおすすめします。

先ほどのバックアップフレーズの確認を行います。メモしたフレーズを順番通りにクリックし入力して下さい。入力完了後「CONFIRM」を選択します。

これでアカウントの作成が完了します。「×」をクリックするとメタマスクのトップ画面が開きます。

こちらがトップ画面になります。

【MetaMask(メタマスク)公式による動画解説】

メタマスク公式サイトでは動画でメタマスクのインストール方法から使い方までを解説しています。

MetaMask(メタマスク)の入金アドレスの確認方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

イーサリアムの入金(受け取り)は自分のウォレットのアドレスを相手に伝えることで可能になります。アドレスの確認方法はいくつかありますが、最も簡単な方法を紹介します。

1.「詳細」を選択

ブラウザのメタマスクトップ画面左にある「詳細」ボタンを選択します。

2.アドレスの表示

アドレスが表示されます。こちらのアドレスを取引相手に正確に伝えましょう。コピーアンドペーストやQRコードを読み取ってもらうとミスが無くなります。

【注意】残高は繰り上げ金額が表示される

入金が行われると、メタマスクのTOPページに、残高が小数点三桁まで表示されます。 この残高は、四捨五入繰り上げの金額が表示されます。

具体的な例

↑メタマスク上では「0.824 ETH」と表示されてています。

↑正確な残高をイーサスキャンで確認すると「0.823925719396089164 Ether」と表示されてています。

メタマスク上の残高が、繰り上げられているのがわかります。

MetaMask(メタマスク)の送金方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

イーサリアムを送金する方法を解説します。

1.「送信」を選択

ウォレットのトップ画面で「送信」を選択します。

2.必要事項を入力

送信先アドレスと金額を入力し、次へを選択します。(ガス代に関しては推奨されている値から変える必要はありませんが少しでもガス代を抑えたい方は都度設定してください。)

3.入力事項を確認

確認画面が表示されるのでアドレスなどに間違いがないか確認します。問題が無ければ「確認」を選択します。数分後トランザクションを経て送金が完了します。

トランザクション・ガス代に関する説明はこちら!

    【ポイント】取引の速度を上げるには?

    取引をすると以下のようなメッセージが出てきます。

    Taking too long? Increase the gas price on your transaction.

    今より高いガス(GAS)代を払えば取引の速度を早くすることができるということを意味します。取引が遅い場合にはガス代を高く設定しましょう。

MetaMask(メタマスク)のバックアップフレーズの確認方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクにログイン後にバックアップフレーズを確認する方法を解説します。

1.メタマスクを開く

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択します。

2.設定画面へ

「設定」を選択します。

3.バックアップフレーズを表示させる画面へ

表示された画面を下までスクロールして「パスフレーズを表示」を選択します。

4.パスワードの入力

パスワードを入力します。

5.バックアップフレーズを確認する。

表示されたバックアップフレーズを確認したら保管しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)のバックアップ復元方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

パソコンを紛失・故障・買い替え、またはパスワードを忘れてしまったときのメタマスクのアカウント復元方法について解説します。ただし、メタマスクのアカウント作成時に表示される秘密鍵(12個の単語)を保管している方のみが対象です。秘密鍵(12個の単語)を保管していない方は復元できません。

1.MetaMask(メタマスク)をインストール

まずは新しいパソコンにChromeからメタマスクを追加します。こちらを参考にしてください。

「MetaMaskのインストール方法」

2.復元する

メタマスクを開き下部の「パスフレーズから復元する」を選択します。

3.フレーズ入力

Wallet Seedに自分のバックアップフレーズを入力し、新規パスワードを入力し「RESTORE」を選択すると復元されます。

MetaMask(メタマスク)でトークンを送る方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクでトークンを送金するにはMyEtherWalletとの連携が必要になります。連携方法は「メタマスクからMyEtherWalletに連携させる方法」と「MyEtherWalletからメタマスクに連携させる方法」との2通りの方法があります。この記事では「メタマスクからMyEtherWalletに連携させる方法」について解説し、その後トークンの送金方法について解説します。

Metamask(メタマスク)からMyEtherWalletへの連携方法

1.メタマスクを開く

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択します。

2.MyEtherWalletのアカウントのインポートの準備

「アカウントをインポート」を選択する。

3.MyEtherWalletのアカウントのインポート

「追加」タブを選択し、キーの種類を選びます。MyEtherWalletのアカウントの秘密鍵、またはJSONファイルを入力します。「追加」を選択すればメタマスクとMyEtherWalletの連携は完了です。

メタマスクからMyEtherWalletへのトークンの送り方

MyEtherWalletと連携ができたらトークンを送金します。

1.メニューを開く

左上のメニューを選択する。

2.送金したいトークンを選択する

送金したいトークンを選択します。

3.トークンの確認

トークンのページが開かれるので「送信」を選択する。

4.情報の確認

送信元、送信先、金額、ガス料金に間違いがないことを確認し「次へ」を選択します。最後に表示される画面で「確認」を選択してトークンの送金の完了です。

MetaMask(メタマスク)に新規アカウントを追加する方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクは複数のアカウントを持つことができます。下記では新規アカウントの作成方法について解説します。

1.メタマスクを開く

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択します。

2.新規アカウントの作成を始める

「アカウントをインポート」を選択する。

3.新規アカウントの作成

「作成」タブを選択し、アカウント名を入力したら「作成」を選択します。アカウント名を入力しない場合は「Account2」という名前になります。「作成」を選択して 新規アカウントの作成は完了です。

4.新規アカウントの確認とアカウントの切り替え方法

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択すると画像のような画面が表示されます。ここで新規アカウントの確認ができます。また、アカウント名を選択するとそのアカウントに切り替わります。

MetaMask(メタマスク)に別のウォレットをインポートする

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクはすでに作成済みの別のウォレットをインポートすることができます。下記ではその手順を解説します。

1.メタマスクを開く

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択します。

2.別のウォレットのインポートを開始する

「アカウントをインポート」を選択する。

3.別のウォレットのインポート

「追加」タブを選択し、キーの種類を選びます。その後、キーの種類に合わせて入力を行いましょう。「追加」を選択すればウォレットのインポートは完了です。

MetaMask(メタマスク)に新たに追加したウォレットの秘密鍵の表示方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

新しく作ったアカウントや、インポートした別のウォレットの秘密鍵の表示方法を解説します。この秘密鍵はメタマスク内の各アカウントの復元に使われるもので、メタマスク自体のバックアップフレーズとは異なるものとなります。

1.秘密鍵を表示させたいアカウントを選ぶ

メタマスクを開き右上の丸いマークを選択し、秘密鍵を表示させたいアカウントを選択してください。

3.アカウントの詳細ページを開く

メタマスクの左上のメニューを選択し、表示された画面の「詳細」を選択します。

4.秘密鍵を表示させる

「秘密鍵のエクスポート」を選択し、秘密鍵を表示させます。

5.パスワードの入力

パスワードを入力し、「確認」を選択します。

6.秘密鍵を保存する

パスワードを入力すると秘密鍵が表示されます。秘密鍵をコピーしたら保管しておきましょう。これで完了です。

MetaMask(メタマスク)にインポートした別のウォレットのアカウントの削除方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクにあるインポートしてきた別のウォレットのアカウントを削除することができます。ただし、メタマスク内から消えるだけなので、元のウォレットのアカウントが消えることはありません。

1.メタマスクを開く

メタマスクを開き、右上の丸いマークを選択します。

2.削除するアカウントを選択

削除したいアカウントの右側にカーソルを合わせると「×」が出てきます。「×」を選

3.アカウントを削除する

削除するアカウントのバックアップキー等を保管していることを確認した上で「REMOVE」を選択してください。これでアカウントの削除は完了です。

MetaMask(メタマスク)でトークンを追加する方法

※現在の手順とは異なる可能性があります。

メタマスクはイーサリアムの他にトークンを保管することができます。以下ではトークンの追加方法について解説します。この記事では「LOOM」というトークンをメタマスクに追加します。

1.Etherscan(イーサスキャン)を開く

Etherscanを開きます。Etherscanの詳細は下記のdappswithの記事を参考にしてください。

Etherscanの詳しい解説はこちら!

2.追加したいトークンを検索する

この記事では「LOOM」というトークンを追加したいので右上の検索窓で「LOOM」と検索します。

3.必要な情報を取得する

メタマスクにトークンを追加するに当たって、以下の3つの情報が必要となります。画像のピンクの枠で囲まれた箇所がそれらに該当します。

  • トークンシンボル(①)・・・LOOM
  • 「Contract」に続くアドレス(②)・・・0xa4e8c3ec456107ea67d3075bf9e3df3a75823db0
  • 「Decimals」の数字(③)・・・18
  • 4.メタマスクを開く

    メタマスクを開き、左上の「メニュー」を選択します。

    5.トークンを追加する

    表示された画面から「トークンを追加」を選択します。ここからは2通りの方法でトークンを追加することができます。

    6.1.「カスタムトークン」からトークンを追加する。

    「カスタムトークン」を選択します。先ほどEtherscanで調べた情報を入力します。入力したら「次へ」を選択します。→「7.トークンの追加を確定する」

    6.2.「検索」からトークンを追加する

    検索タブを開き、検索窓に追加したいトークンの「LOOM」を入力します。画像のように追加したいトークンが検索窓の下に出てくるのでそれを選択します。その後「次へ」を選択します。→「7.トークンの追加を確定する」

    7.トークンの追加を確定する

    「カスタムトークン」からトークンを追加しても「検索」からトークンを選択してもこの画面が表示されます。「トークンを追加」を選択します。これでトークンの追加は完了です。

    8.追加したトークンの確認

    メタマスクを開き、左上の「メニュー」を選択します。すると、画像のように追加したトークンが表示されます。

    MetaMask(メタマスク)の各アカウント名を変更する方法

    ※現在の手順とは異なる可能性があります。

    メタマスクは1人で複数のアカウントを持つことが可能です。そして、アカウントごとにアドレスやパスワードは異なり、それぞれが全く別のウォレットとして機能するので、もし複数のアカウントを使い分ける場合はアカウントごとに名前を変えることを推奨します。

    アドレス確認画面上部の鉛筆マークを選択するとアカウント名の変更が可能です。

    MetaMask(メタマスク)のNetworkについて

    ※現在の手順とは異なる可能性があります。

    メタマスクには様々なネットワークというものがあります。下記ではネットワークの変更方法と各ネットワークの解説を行います。

    ネットワークの変更方法

    1.ネットワークの変更

    メタマスクを開き、画像のピンクの枠を選択すると様々なネットワークを選択することができます。

    2.ネットワークの選択

    画像のように4つのネットーワークを選択することができます。ネットワークを選択したら、ネットワークの変更完了です。

    各ネットワークの解説

    メタマスクで変更可能なネットワークがどのようなものなのか簡単に解説します。

  • Main Ethereum Network・・・通常使用するネットワークです。
  • Ropsten Test Network、Kovan Test Network、Rinkeby Test Network・・・こちらはテストネットになります。開発者が正常にアプリケーションが動作するか試すことができるネットワークになっています。また、dappsゲームのベータテストで使うこともあります。普段使うことは無いでしょう。

  • MetaMask(メタマスク)での取引詳細を調べる方法

    ※現在の手順とは異なる可能性があります。

    メタマスク上では自分が送金した取引の簡単な履歴しか確認できません。取引の詳細を知りたい場合はまずアドレス画面を開き、画面下部の「ETHERSCANでアカウントを確認」で取引の詳細を知ることが出来ます。

    Etherscanの詳しい使い方は以下の記事を参考にしてください。

    Etherscanの詳しい解説はこちら!

    おすすめ関連記事

    記事 記事概要
    ウォレットランキング記事のアイキャッチ画像 おすすめウォレットランキング!
    ブロックチェーンゲームをプレイする際に使いやすいウォレットをランキング形式で紹介!スマホでプレイしたいユーザーが必見だ。
    おすすめブロックチェーンゲームランキングのアイキャッチ画像 おすすめブロックチェーンゲームランキング
    初心者でも楽しめるおすすめなブロックチェーンゲームをランキング形式で紹介!これからブロックチェーンゲームを始める方は必見だ。
    イーサスキャンの記事のアイキャッチ画像 イーサスキャンの使い方完全解説
    イーサリアム系の仮想通貨の取引履歴を確認できるイーサスキャン。複雑そうなイーサスキャンの使い方をわかりやすく解説中。
    ブロックチェーンゲームの解説記事のアイキャッチ画像 ブロックチェーンゲームとは?
    ブロックチェーンゲームの特徴や稼げる仕組みを解説!これからブロックチェーンゲームを始めたい方は要チェックだ。