DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

仮想通貨やブロックチェーンゲームのAirdrop(エアドロップ)とは?参加方法や役立つサイトを徹底解説

Pocket

おすすめ関連記事

仮想通貨イーサリアムを詳しく解説

エアドロップ中のブロックチェーンゲーム

仮想通貨の特徴や仕組みを紹介

本記事では仮想通貨やdappsゲームにおけるAirDrop(エアドロップ)について解説していきます。無料で仮想通貨やdappsゲーム内のアセットがもらえるというエアドロップとはどのようなものなのでしょうか。

AirDrop(エアドロップ)とは?

無料で仮想通貨やdappsゲームのアセットを手に入れられる

エアドロップと聞くと、多くの方はapple製品におけるデータ共有サービスを想像する方が多いと思います。しかし今回解説するエアドロップはこのデータ共有サービスとは別物です。仮想通貨やdappsゲームにおけるエアドロップは、プロジェクトの開発者が、自分たちの仮想通貨やdappsゲームの認知度・通貨流動性を高めるために「無料配布」することを指します。(dappsゲームの場合は、アセット入手の際にガス(GAS)代がかかる場合があります。)

ガス(GAS)についての詳しい説明はこちら!

配布側は流動性を高めるために、宣伝目的での配布が主

仮想通貨、dappsゲームのアセットにおけるエアドロップでは、仮想通貨やdappsゲームの宣伝目的で配布されることが主です。そのため公開されたばかりで、認知度の低いプロジェクトの仮想通貨・アセットが配布されることが多くなります。これは運営側にもユーザー側にもメリットのあるwin-winの関係と言えるでしょう。

AirDrop(エアドロップ)の仕組み

ある特定の条件を満たすと、配布される

エアドロップの仕組みとしては、ある条件を満たすと参加できる(配布される)ような仕組みとなっています。自分の公開アドレスを伝え、そのアドレスに仮想通貨やdappsゲームのアセットが送られてきます。

AirDrop(エアドロップ)の参加に必要なもの

エアドロップの参加に必要な条件とはどのようなものでしょうか。エアドロップにもいくつかの種類が存在するのですが、以下のものを揃えれば、大多数のエアドロップに参加できます。エアドロップ参加に必要なものを紹介していきます。

指定のウォレット(主にMyEtherWallet,metamask)

まず必要となるのは指定のウォレットとなります。これはどのエアドロップにおいても参加に必要となってきます。多くのプロジェクトでは、ERC20という規格に合わせてトークンを発行しているので、ERC20に対応するウォレットを用意することが必要となります。最も有名なウォレットとしてはMyEtherWallet(マイイーサウォレット)です。また、dappsゲームの場合はChromeのプラグインとしてMetamask(メタマスク)というウォレットを用意しましょう。

メールアドレス

次に必要になるのはメールアドレスです。これは誰もが持っていると思うのですが、スキャム(詐欺)のプロジェクトの可能性もあるので、普段使っているメールアドレスは利用しないようにしましょう。

snsアカウント(Twitter、テレグラム、Discord)

各プロジェクト、宣伝目的でエアドロップを行うためTwitterでリツイート等を行った場合に配布されるなどの条件が出ることがあります。また、Twitterでリツイート後にテレグラムやDiscordというクローズドなSNSに招待されることもあります。

AirDrop(エアドロップ)の参加方法・貰い方

エアドロップの参加方法・貰い方として、大きく分けて2つの方法があります。 それは「ウォレットに特定の仮想通貨を保有していることで配布される」「何らかのアクションを起こすことで配布される」という2つの方法です。

ウォレットに特定の仮想通貨を保有していることで配布される

種類としてはホルダーエアドロップ、フォークドエアドロップがあります。それぞれの事例を紹介します。

ホルダーエアドロップ

ホルダーエアドロップとは、指定のウォレットに指定された仮想通貨をホールド(保有)していると、定期的に仮想通貨が配布される仕組みとなります。例として1つ紹介します。

  • Byteball(バイトボール)
  • Byteballはブロックチェーンではなく、DAGという技術を採用しており、新規通貨発行にマイニングを行いません。定期的にエアドロップとして、新規発行通貨がByteball保有者に配布されるようになっています。なぜこのようにByteballがエアドロップを行っているのかというと、ByteballはICOを実施しておらず、その代替として新規参入者へのインセンティブ設計のような形でこのような仕組みとなっています。

フォークドエアドロップ

フォークドエアドロップとは、ある仮想通貨がハードフォークする際に、その仮想通貨と同数もしくは同等の割合の仮想通貨が、仮想通貨保有者に配布される仕組みです。例として2つ紹介します。

  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
  • 現在では大変有名なビットコインキャッシュもビットコインのフォークドエアドロップとして、2017年8月1日にエアドロップされたものです。ビットコインには様々な欠点があるのですが、その中でも取引速度の遅さという問題を解決するためにビットコインのハードフォークとしてビットコインキャッシュが誕生しました。

  • EthereumClassic(イーサリアムクラシック)
  • こちらもビットコインキャッシュと同様に有名であるイーサリアムクラシックですが、こちらもイーサリアムのハードフォークとして誕生し、エアドロップされた仮想通貨となります。イーサリアムクラシックは「The DAO事件」と呼ばれる事件の対応を巡ってハードフォークした仮想通貨で、イーサリアムコミュニティの意見の違いから分裂されました。

何らかのアクションを起こすことで配布される

種類としては、バウンティエアドロップ、事前登録等によるエアドロップといういくつかのやり方があり、事例として以下のものを紹介します。

バウンティエアドロップ

バウンティエアドロップとして最も多い例はTelegramやDiscordのようなクローズドなSNS内において、コミュニティを管理や活性化させることで、報酬を得られるパターンです。あるプロジェクトのDiscordにおけるバウンティエアドロップを例に上げると、Discord内で多くの発言をしたものが、より多くのエアドロップを得られるといったものがありました。

dappsゲームへの事前登録等

dappsゲームの事前登録をすることで、アセットやdappsゲーム内通貨のエアドロップを受け取るプロジェクトも存在します。

AirDrop(エアドロップ)におけるリスク管理方法

ここまでエアドロップの参加方法などを見てきましたが、エアドロップにはリスクがあることも理解しましょう。様々な種類の仮想通貨プロジェクトが乱立していますが、スキャム(詐欺)である場合も存在しています。トークン自体を発行することは容易に出来ます。なので、詐欺が横行しています。このような事を考慮しつつ、しっかりとリスクを管理してトークンを受け取りましょう。

個人情報をのせてはいけない

エアドロップにおいて個人情報は決して載せないようにしましょう。前述した通り、仮想通貨のプロジェクトはスキャム(詐欺)である場合が存在します。エアドロップにおいて個人情報を聞いてくるプロジェクトは危険と考えて、そのエアドロップには参加しないようにしましょう。リツイートをするTwitterも、できれば個人的な情報を上げているアカウントは利用しないことをおすすめします。

秘密鍵を教えてはいけない

秘密鍵は決して教えてはいけません。仮想通貨の管理にはそれぞれのウォレットの公開アドレスと秘密鍵が必要となってくるのですが、秘密鍵は決して他人に渡してはいけません。 銀行口座における口座番号が公開アドレスなら、秘密鍵は暗証番号です。暗証番号を渡してしまえば、お金を他人が引き出せる状態になってしまいます。

パスワードを同じにしない

これはWebサービスにおける全てのケースで言えることですが、メールアドレスやアカウント登録をする際、パスワードは他のサービスと違うものを利用しましょう。 何度も言いますが、仮想通貨プロジェクトはスキャム(詐欺)の場合もあるため、特にパスワードを変えることをおすすめします。

AirDrop(エアドロップ)の最新情報をチェック

ここまで、エアドロップがどのようなものなのか、リスク管理方法などを見てきました。実際に参加するにはどこから探し出せばよいのか、最新情報がまとめられているWebサイトなどを紹介します。

参考となるWebサイト

coindar.org

英語のサイトですが、様々な仮想通貨のイベントをまとめているサイトとなります。タグ検索をAirDropに設定し、検索をすることで今後開催されるエアドロップを確認することが可能となります。

コイン神社

日本のコイン神社というサイトで、上記したcoindar.orgとは違い日本語で、仮想通貨のイベントを検索することが可能です。coindar.orgと同じようにエアドロップタグで検索をかけましょう。

コイン神社の公式サイトはこちら!

Twitterインフルエンサー

ブロックチェーン関係の話題は移り変わりが激しいため、最も早く情報を得やすいのがTwitterとなることが多いです。そのため様々なTwitterインフルエンサーをフォローすることをおすすめしますが、エアドロップやICO関係の情報ばかりを発信している方は、ネットワークビジネス関係(詐欺)のようなアカウントの場合がよくあります。そのようなことに気をつけながら、気になる方をフォローしましょう。

その他

その他として、コイン相場というアプリがあげられます。コイン相場は仮想通貨のポートフォリオ管理アプリなのですが、アプリ内で定期的にAirDropQというクイズ形式のエアドロップを行っています。そのクイズに正解すれば、クイズごとの仮想通貨をエアドロップとして受け取ることができます。また、ウォレット自体も用意する必要はなく、アプリ内のウォレットに管理されるため、初心者が最も簡単に参加できるエアドロップかもしれません。

AirDrop(エアドロップ)のまとめ

本記事では仮想通貨やdappsゲームにおけるエアドロップについて解説してきました。エアドロップといっても様々な種類があることがわかったかと思います。しっかりとしたリスク管理が出来ればエアドロップはトークンの入手方法において、最もリスクを負わない入手方法です。また、dappsゲームにおいては高額のアセットを入手せずともdappsゲームを開始できる手段ともなります。是非皆さんもこの機会にエアドロップに参加してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

記事 記事概要
仮想通貨 仮想通貨の仕組みや特徴を紹介
仮想通貨の仕組みや特徴を詳しく解説。
イーサリアムの記事のアイキャッチ画像 イーサリアムについて解説
仮想通貨イーサリアムの特徴や仕組みを解説。
プレセール、エアドロップ記事のアイキャッチ画像 エアドロップ中のゲーム紹介
エアドロップ・プレセール中のゲームを紹介。
おすすめブロックチェーンゲームランキングのアイキャッチ画像 おすすめゲームランキング
おすすめのブロックチェーンゲームをランキング形式で紹介。