DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

二段階認証アプリのIIJ SmartKeyの使い方や登録手順を徹底解説

IIJ SmartKeyのアイキャッチ画像
Pocket

2段階認証アプリの 2段階認証アプリのIIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)の使い方や機種変更方法、バックアップからセキュリティ、読み方まで徹底解説します。端末の変更・故障・紛失が起きた時のためにバックアップ方法も詳しく紹介します。

目次

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)とは

基本情報

日本語対応対応
スマホ対応対応(AppStoreGooglePlay)
PC対応未対応
バックアップ機能有り
開発会社株式会社インターネットイニシアティブ

二段階認証アプリ

IIJ SmartKeyは2段階認証アプリです。2段階認証とは、ID・パスワードに加え「ワンタイムパスワード」を使用してログインする仕組みのことです。 2段階認証を設定することで、万が一IDやパスワードが盗まれても不正ログインされる可能性が低くなります。多くの仮想通貨取引所でも2段階認証の設定を推奨されています。

2段階認証についての詳しい解説はこちら

ワンタイムパスワードとは

ワンタイムパスワードは一定時間ごと生成される1度しか使うことができないパスワードのことです。

仕組み

ログイン時

二段階認証を設定することで、ログインする際にID・パスワードに加えて「ワンタイムパスワード」が必要になります。具体的には、まずログイン画面でID・パスワードを入力します。次に、IIJ SmartKeyに表示されるワンタイムパスワードを入力します。この2段階の認証をするとログインが可能になります。

安全性について

万が一IDやパスワードが盗まれてもIIJ SmartKeyがインストールされた端末を盗まれない限り、不正アクセスされることはありません。可能な限り2段階認証の設定を行いましょう。

対応サービス

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)は以下のような多くの有名サービスで使われています。IIJ SmartKeyがいかに信頼されているかがわかります。

  • 各仮想通貨取引所
  • Dropbox
  • Facebook
  • Amazon
  • GitHub
  • Googleアカウント
  • Microsoftアカウント

オフラインで利用可能

IIJ SmartKeyはインターネット通信を必要としません。回線の通信が途絶えたり、遅延していても2段階認証を行えます。また、Wi-Fi専用の端末でもIIJ SmartKeyをインストールさえしていれば、Wi-Fiが無い場所でも2段階認証が可能です。

海外でも利用できる

世界中のどこでもIIJ SmartKeyを使うことができます。海外に行っても日本語対応のまま2段階認証が可能です。

アプリケーションロック

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)ではアプリ自体にパスコードを設定出来ます。端末を紛失した時にIIJ SmartKeyが他者に悪用される事から防げます。これはIIJ SmartKeyにしかない独自機能です。

機種変更時の引き継ぎが簡単

IIJ SmartKeyでは古い端末に表示したQRコードを新しい端末で読み取るだけで登録情報を引き継ぎ出来ます。そのサービス上で2段階認証設定を変更する必要がありません。これはIIJ SmartKeyにしかない機能です。

注意点

2段階認証を設定することで、自分のアカウントに不正アクセスされる可能性は格段に減ります。しかし、IDやパスワードに加えてIIJ SmartKeyをインストールした端末を盗まれてしまうと2段階認証の設定は無意味になってしまいます。2段階認証の設定が100%安全を保障するものではないことを覚えておきましょう。

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)の始め方

1.アプリをインストール

AppStore、GooglePlayからIIJ SmartKeyをインストールしましょう。

IIJ SmartKeyのインストールはこちらから

2.デバイス登録はスキップ

法人ユーザーのデバイス登録についての画面が表示されます。このデバイス登録は個人でIIJ SmartKeyを使う場合には必要ないので「登録しない」を選択します。

3.サービスを追加

左上のプラスマークを選択します。QRリーダーが起動するので二段階認証を設定するサービスで表示されたQRコードを読み取ります。

4.各種設定

読み取ったサービスのアイコンや名前を変更できます。自分で分かりやすいものに設定しておくと良いでしょう。変更しなくても問題ありません。設定したら「登録」を選択してサービスの追加完了です。

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)の使い方

仮想通貨取引所のGMOコインを例として、IIJ SmartKeyを使ったログイン方法を解説します。

1.任意の方法でログイン

まずは任意の方法(メールアドレス・SNS)でGMOコインのアカウントにログインしましょう。すると、アプリに表示される6桁の認証コードを入力する画面が現れます。GMOコインではGoogle Authenticatorが推奨されていますが、ここでは解説のためにIIJ SmartKeyを利用します。GMOコインの場合、IIJ SmartKeyでも動作しますが実際には推奨されたアプリを使いましょう。2段階認証の設定の仕方については各取引所に従ってください。

2.IIJ SmartKeyで2段階認証コードを確認

IIJ SmartKeyを起動します。画面下部に対応サービスが表示されます。対応サービスは「ドメイン名」または「サービス名」で表示されています。GMOコインの場合はドメイン名(coin.z.com)になっています。GMOコインに該当する認証コードを確認します。コードは30秒ごとに更新され、右側に残り時間が表示されます。入力が間に合わそうなら次のコードが発行されるのを待ちましょう。「クリップボードにコピー」を選択するとコピー&ペーストで素早く正確に入力出来ます。

3.コードを入力

IIJ SmartKeyで表示された認証コードを入力します。入力したら「認証する」を選択します。これで二段階認証完了です。コードの有効時間内に入力が終わらなければ「キャンセル」を選択して認証をやり直せます。

IIJ SmartKey(アイアイジェイスマートキー)のバックアップ方法

IIJ SmartKeyではQRコードを読み取ることで登録情報をそのまま引き継げます。ただし古い端末が手元にあることが前提です。現状、紛失時のバックアップは出来ません。紛失した場合、各サービスを利用出来なくなる可能性があります。複数の端末を持っている方は前もってバックアップを取っておきましょう。ここでは機種変更と紛失に備えて”事前に”行っておくべきバックアップ方法を紹介します。

機種変更

1.新しい端末にアプリをインストール

メインの端末とは別の端末にAppStore、GooglePlayからIIJ SmartKeyをインストールしましょう。

IIJ SmartKeyのインストールはこちらから

2.もともと使っていた端末でQRコードを表示する

古い端末の設定画面から登録サービスを選択します。

画面を下にスクロールして「設定エクスポート」を選択します。QRコードが表示されます。

3.新しい端末でQRコードを読み取る

もともと使っていた端末に表示されたQRコードを新しい端末で読み取ります。これで引き継ぎ完了です。登録した全てのサービスを引き継ぐには毎回この手順を踏む必要があります。しかしそれぞれサービスから2段階認証を設定し直すよりもかなり楽に引き継げます。

端末の紛失・故障に備える

端末の変更・故障の場合に備えてバックアップするには、最初に読み込んだQRコードが必要になります。

1.読み込むQRコードを保管

2段階認証コードを生成するのに必要なQRコードを印刷して保管します。もしくはスクリーンショットを撮ってオフラインで保管します。これでバックアップは完了です。

注意点

印刷したQRコードは誰にもみられない場所に保管しましょう。また、QRコードのスクリーンショットはオンラインで保管せず、USB等のオフラインで管理しましょう。

IIJ SmartKeyのダウンロードはこちらから