DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

ブロックチェーンゲーム(dappsゲーム)や仮想通貨の用語集

[超丁寧]ブロックチェーンゲーム(dapps)ゲーム・仮想通貨の用語集のアイキャッチ画像
Pocket

dapps・仮想通貨に使用される用語集です。dapps・仮想通貨周りの用語を調べたい時に御覧ください。

目次

  • あ行 / か行
  • さ行 / た行
  • な行 / は行
  • ま行 / ら行
  • a~Z /
  • dapps・仮想通貨用語集

    あ行

    用語内容・意味
    アセットアセットとは元々「経済的に価値のある資源、資産」を指す言葉です。dappsゲームにおいては、ブロックチェーン上に保存された自身の保有しているゲーム内アイテムやキャラクターなどの資産を指します。
    アトミックスワップ取引所を利用せずとも仮想通貨の取引が可能になる仕組みを指す。
    イーサリアム仮想通貨の一種。プラットホームとしての側面もあり、イーサリアムを利用したアプリ作成を誰でも行うことが可能。
    イーサリアムアドレスイーサリアムのブロックチェーン上で発行されるイーサリアムを利用する上での口座番号のようなもの。0xから始まるのが特徴。
    ウェブウォレット取引所やサイトに登録して使用するタイプのウォレット。取引所やサイトが所有するサーバーで管理されている。
    エアドロップ仮想通貨・トークンを無料で受け取ることができる仕組みを指す。
    オフチェーンオフチェーンとは直訳すれば「ブロックチェーン(chain)の外(off)」で、 仮想通貨の台帳であるブロックチェーンの外でデータをやり取りする技術の事です。
    オンチェーン取引所から、ウォレットに通貨を送ろうとするとき、 仮想通貨のネットワークに取引を認めてもらうようトランザクションを投げ、 それがブロックチェーンに記録された時点でようやく取引が完了します。 このような取引のことを「オンチェーン」と呼びます。

    か行

    用語内容・意味
    公開鍵仮想通貨取引において、取引が正当に行われたかどうかをチェックする際に使用する鍵。
    コールドウォレットインターネット上で管理されていない、webとは切り離されたウォレットを指す。
    ゴックス取引所の仮想通貨が何者かによって盗まれて、自分の資産が消失することを指す。

    さ行

    用語内容・意味
    サイドチェーンブロックチェーンの機能を拡張するために実装された新たなブロックチェーンを指す。
    承認ブロックチェーン上での取引成立を指す。
    スケーラビリティ問題ブロックチェーン上で1つ1つの取引を処理するのに時間がかかり、自分の取引が成立するまでに時間がかかってしまっている現状を指す言葉。
    スマートコントラクト金銭の記録だけでなく、誰に・誰が・何をどうしたかまでブロックチェーン上に自動で記録してくれる仕組みを指す。
    セルフゴックスパスワード忘れといった自分のミスで口座にアクセスできなくなり、資産を失うことを指す。

    た行

    用語内容・意味
    デスクトップウォレット仮想通貨ウォレットのうち、自分のPCから使用するタイプのウォレットを指す。
    テストネット開発者が新しい機能を追加して、その挙動を検証するテスト環境です。 テストネットは独立して存在していますので、もしシステムを壊してしまっても本番環境であるメインネットに影響を与えることはありません。
    トランザクションイーサリアム(dapps)の送金や決済などの取引データのことを、トランザクションといいます。イーサリアムのトランザクションは、ブロックチェーンで管理され、 全世界に公開されていることから自分のトランザクションだけでなく、 他のすべてのトランザクションも自由に確認することが可能です。
    トレザー(TREZOR)TREZOR社が販売するハードウェアウォレットを指す。13種類の通貨に対応している。
    レジャー・ナノS(Ledger Nano S)Ledger社が販売するハードウェアウォレットの1種。27種類の通貨に対応している。
    トークン既存の仮想通貨で使用されているブロックチェーン技術を利用した通貨

    な行

    用語内容・意味
    二重支払い問題すでに使用して手元から離れたはずの仮想通貨・トークンを再度別の取引で使用すること

    は行

    用語内容・意味
    パブリックチェーン不特定多数のノード・マイナーが取引承認を行うブロックチェーンを指す。
    ハッシュレート仮想通貨のマイニング速度のことを指す。
    ハードウェアウォレット仮想通貨を保管できるハードウェア端末のウォレットを指す。
    ハードフォーク仮想通貨の仕様が変更となる際、 完全に新仕様のみを適用して旧仕様との互換性を無くすことを指す。
    ビットコイン アドレス1または3から始まる27~34文字の英数字からなる、ビットコインを利用する上で必要な口座番号のようなもの。
    秘密鍵自身の所持している仮想通貨を証明するために必要な暗号。
    復元パスフレーズ各ウォレットをバックアップするために必要な12個の単語を指す。
    プライベートチェーン一部の限られたノードのみしか取引承認を行うことができないブロックチェーン
    プルーフオブインポータンス(Proof of Importance)仮想通貨の取引頻度の高さや保有量、経済的な貢献度が高い人に対して優先的にマイニングの権利を得ることができる仕組みを指す。
    プルーフオブバーン(Proof of Burn)マイニングと同様に通貨を新規発行する手段の一つ。
    プルーフオブワーク(Proof of Work)マイナーが計算問題を解いて取引の承認権を得ることを指す。
    プルーフオブステイク(Proof of stakes)プルーフオブワークの代わりに当たるシステムで、コインを持っている割合(Stake)で、ブロックの承認の割合を決める仕組み。
    ブロックサイズ問題ビットコインを利用するユーザーが増えた結果、ブロックサイズが常に上限ギリギリの状態になって送金に膨大な時間がかかるようになってしまった問題を指す。
    ブロックチェーン分散型台帳技術と呼ばれる、ビットコインの中核を原型としたデータベースのこと。
    分散型取引所(DEX)個人で直接仮想通貨のやり取りを行える取引所を指す。
    ペイメントチャネル二者の間で送金を複数回行ったとしても、ブロックチェーンへの記録を1度で済ませることができる仕組みを指す。
    ペーパーウォレット紙媒体で秘密鍵やウォレットアドレスを管理するう方法
    ボラティリティ仮想通貨における価格変動の程度、度合いを指す。
    ホワイトリスト登録業者が取り扱う仮想通貨のリストを指す。
    ホットウォレット常にネットワークに接続された状態のウォレットを指す。

    ま行

    用語内容・意味
    マイナー仮想通貨のマイニングを行う人を指す。
    マイニング仮想通貨の取引を成立させるために行う膨大な計算が必要な作業のことを指す。
    マウントゴックス事件2014年2月に起きた、マウントゴックス社のサーバーがハッキング被害にあい、ビットコイン約75万BTC(当時の価格で約480億円と顧客がビットコインの売買の資金として預けていた現金28億円が消失した事件を指す。
    メインネットメインネットは、ブロックチェーンを公開して、現実のトランザクションが行われ記録されます。メインネットをローンチするとは、独立したブロックチェーンが正式に誕生したことを意味します。
    メタマスクブラウザで使用できるイーサリアムウォレットの1種。

    ら行

    用語内容・意味
    レバレッジ仮想通貨レバレッジ取引(仮想通貨FX)とは、通称、証拠金取引と言われています。 仮想通貨取引所からお金を借りて現物よりもより大きなポジションで購入することができます。 レバレッジが高い業者ですと、最大25倍まで設定が可能です。

    a~z

    用語内容・意味
    dappsオープンソースかつトークンを利用しており、ユーザーや市場からの改善要求に対してプロトコルを改善していくアプリを指す。
    Telegramテレグラムは、ロシア初のメッセンジャーアプリです。(LINEのようなもの) 特徴は匿名性があり、送受信するメッセージが暗号化される為、とても安全性が高いので、 セキュリティ機能が充実しています。 通信速度も他のメッセージアプリより速く、メッセージを送った相手に1秒後には届いていると言われています。 写真・ビデオ・メッセージ・その他の多くの種類のファイルやデータを安全に送ることも可能です。 また、テレグラムでは数千人クラスのグループチャットを持つこともできます。 近年では仮想通貨関連のICOや取引所のグループのメッセンシャーアプリとして人気を集めています。
    The DAO事件2016年6月17日に起きた、当時にして約65億円を盗まれた事件を指す。この事件をきっかけにイーサリアムがETHとETCに分裂した。
    ERCイーアールシーとは、Ethereum Request for Commentsの頭文字をとったものです。 Ethereum Request for Commentsは、Ethereumに関連する技術仕様の提案書を指しています。
    ERC 20共通機能を持つインターフェースとして、イーサリアムのトークンコントラクト用に作成された規格。異なるトークンもウォレットで残高を確認できたり、トークンコントラクトのアドレスだけで取引所がトークンを上場させることができるなどの利点を持つ。
    ERC721ERC 20同様、イーサリアムのトークンコントラクト用に作成された規格。トークンごとに価値を変更できる仕組みを導入している。
    Mediumミディアムは、誰でも簡単に記事を書いて発信することができるプラットフォームです。 Twitterの共同創業者でシリアルアントレプレナーのエヴァン・ウィリアムズ氏が立ち上げました。 従来のブログプラットフォームよりもシンプルなサイトデザインが特徴です。