DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

二段階認証アプリのGoogle Authenticatorの使い方や機種変更時の注意点を解説

Pocket

2段階認証アプリのGoogle Authenticator(グーグルオーセンティケーター)の読み方や使い方、登録方法、機種変更時の注意点を解説しています。端末の故障や紛失、変更にも備えましょう。

目次

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)とは

基本情報

日本語対応対応
スマホ対応対応(AppStoreGooglePlay)
PC対応未対応
バックアップ機能未対応
開発会社Google.inc

二段階認証アプリ

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)は二段階認証アプリです。2段階認証とは、ID・パスワードに加え「ワンタイムパスワード」を使用してログインする仕組みのことです。2段階認証を設定することで、万が一IDやパスワードが盗まれても不正ログインされる可能性が低くなります。多くの仮想通貨取引所でも2段階認証の設定が推奨されています。

2段階認証についての詳しい解説はこちら

ワンタイムパスワードとは

ワンタイムパスワードは一定時間ごと生成される1度しか使うことができないパスワードのことです。

仕組み

ログイン時

二段階認証を設定することで、ログインする際にID・パスワードに加えて「ワンタイムパスワード」が必要になります。具体的には、まずログイン画面でID・パスワードを入力します。次に、Google Authenticatorに表示されるワンタイムパスワードを入力します。この2段階の認証をするとログインが可能になります。

安全性について

万が一IDやパスワードが盗まれてもGoogle Authenticator(グーグルオーセンティケーター)がインストールされた端末を盗まれない限り、不正アクセスされることはありません。可能な限り二段階認証の設定を行いましょう。

対応サービス

Google Authenticatorは以下のような多くの有名サービスで使われています。いかにGoogle Authenticatorが信頼されているかがわかります。

  • 各仮想通貨取引所
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Amazon
  • Googleアカウント

オフラインで利用可能

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)はインターネット通信を必要としません。回線の通信が途絶えたり、遅延していても二段階認証を行えます。また、Wi-Fi専用の端末でもGoogle Authenticatorをインストールさえしていれば、Wi-Fiが無い場所でも2段階認証が可能です。

海外でも利用できる

世界中のどこでもGoogle Authenticatorを使うことができます。海外に行っても日本語対応のまま二段階認証が可能です。

PC対応について

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)は基本的にPCに対応していません。しかし、認証ソフトの「WinAuth」を使うことでWindowsのPCでGoogle Authenticatorを使うことができます。

注意点

二段階認証を設定することで、自分のアカウントに不正アクセスされる可能性は格段に減ります。しかし、IDやパスワードに加えてGoogle Authenticatorをインストールした端末を盗まれてしまうと2段階認証の設定は無意味になってしまいます。2段階認証の設定が100%安全を保障するものではないことを覚えておきましょう。

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)の始め方

1.アプリをインストール

AppStore、GooglePlayからGoogle Authenticatorをインストールしましょう。

2.設定を始める

アプリを起動すると、画像のような画面が表示されます。その後、「設定を開始」を選択します。

3.認証コードの生成方法を選択

認証用コードを生成するために「バーコードをスキャン」か「手動で入力」を選ぶ画面になります。好きな方を選択しましょう。

4.1「バーコードをスキャン」で認証コードを生成する

「バーコードをスキャン」を選択した場合、この画面が表示されます。別のデバイスで表示されているQRコードを読み取りましょう。これで認証コードが表示されます。

4.2「手動で入力」で認証コードを生成する

「手動で入力」を選択した場合、この画面が表示されます。別のデバイスで表示されているアカウント名とキーを入力してください。これで認証コードが表示されます。時間ベースは画像のままで構いません。

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)の使い方

仮想通貨取引所のGMOコインを例として、Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)を使ったログイン方法を解説します。

1.任意の方法でログイン

まずは任意の方法(メールアドレス・SNS)でGMOコインのアカウントにログインしましょう。すると、アプリに表示される6桁の認証コードを入力する画面が現れます。二段階認証の設定の仕方については各取引所に従ってください。

2.Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)で認証コードを表示

Google Authenticatorを起動し、GMOコインに該当する認証コード(青い数字)を確認します。数字が青いうちにGMOコインの画面で認証コードを入力しましょう。右下の時計マークはコードの有効期限を示しています。

認証コードの確認方法

画像の下線部に認証コードの対応サービスが表示されています。対応サービスは「ドメイン名」または「サービス名」で表示されています。GMOコインの場合はドメイン名(coin.z.com)になっています。

3.認証コードを入力する

GMOコインの画面に戻り、認証コードを入力します。Google Authenticatorに表示されている認証コード(青い数字)を入力しましょう。

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)に表示される数字が赤いとき

数字が赤くなっているコードを入力すると、上の画像のようにコードが無効化されてしまいます。この場合、新たに生成されるコード(青い数字)を入力してください。

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)のバックアップ方法

Google Authenticator自体にバックアップ機能はありません。そのため、Google Authenticatorをインストールしている端末の紛失・変更・故障によって二段階認証ができなくなってしまいます。そこで、そのようなときに備えて下記の方法で擬似バックアップをすることができます。

端末の変更に備える

端末の変更に備えてバックアップをするには、複数の端末にGoogle Authenticatorを予めインストールする必要があります。

1.2段階認証の解除

すでに2段階認証をGoogle Authenticatorで行っている端末がある場合、各取引所で2段階認証を解除します。2段階認証の解除の仕方については各取引所に従ってください。

2.複数端末で同一のQRコードを読み取る

Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)の始め方」を参考に複数端末で同じQRコードを読み込んで二段階認証を設定してください。最終的にすべての端末で同じ取引所に対し、同じ認証コードが表示されていれば完了です。

端末の紛失・故障に備える

端末の変更・故障の場合に備えてバックアップするには、最初に読み込んだQRコードが必要になります。

1.読み込むQRコードを保管

二段階認証コードを生成するのに必要なQRコードを印刷して保管します。もしくはスクリーンショットを撮ってオフラインで保管します。これでバックアップは完了です。

注意点

  • 複数端末でQRコードを読み込むときは必ず同じQRコードを読み込んでください。違うQRコードを読み込むと、最後に表示されたQRコードを読み込んだ端末でしか二段階認証コードが使えません。
  • 印刷したQRコードは誰にもみられない場所に保管しましょう。また、QRコードのスクリーンショットはオンラインで保管せず、USB等のオフラインで管理しましょう。

    Google Authenticatorのダウンロードはこちらから