DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

よくある質問!NFT(Non-Fungible Token)とはなんでしょうか ?Dappsゲームでよく聞く用語を解説

NFTとは
Pocket

おすすめ関連記事

ERCって何?様々なトークンの規格を解説

おすすめブロックチェーンゲームランキング!

新作のブロックチェーンゲームを紹介!

NFTとは?NFTの特徴やDapps、ERC721との関係も解説しているので興味のある方はぜひご覧ください。

目次

NFT(Non-Fungible Token)の意味

クリスペ_ レジェンドカード

NFTは「Non-Fungible Token」の略称。Fungible代替可能という意味を持つ。つまりNon-Fungible Token代替不可能なトークンという意味だ。

ではFungible(代替可能)なトークンとはなんだろうか。そもそもトークンはFungibleなものとNon-Fungibleなものに分けられる。前者にはこの記事を読んでいる方にはお馴染みの仮想通貨が分類される。

まずFungibleなトークンについて説明するぞ。

簡単にするために仮想通貨を私たちが使う日本円に置き換えて説明していく。

今手元にある1000円札を友人と交換してみよう。友人からもらった1000円札は何をどう考えても1000円札であり、ぴったり1000円分の価値を持つ。この1000円札を友人以外の他の人と交換しても1000円であることに変わりはない。1000円札は代えがきくということになる。

次にNon-Fungibleなトークンについて。

あなたが超有名プロ野球選手が使っていたグローブを持っているとする。そこへ1人の野球少年がやってきて、自分が持っているグローブ(プロ野球選手が使っているグローブと全く同じ型・色)とあなたが持っているグローブを交換しようと言ってきたとする。

あなたはどう答えるだろうか。おそらくほとんどの人が断るだろう。

なぜならプロ野球選手が使っていたグローブの方が価値が高いと感じるからだ。どちらのグローブでも良いと思える人は少数派だろう。Non-Fungible(代替不可能)とはまさにこのことで、同じグローブでも全く異なる特徴を持つため価値が異なり代えがきかない

トークンで考えると、同じトークンでも全く異なる特徴を持つということ。つまり、NFTはデジタル世界のトークンに価値という概念を持たせることが可能になる。

トークンの分類 性質 イメージ例
Non-Fungible Token 1つ1つが異なる特徴を持つ。 付加価値がついたもの。同じ種類でも違う性質を持つもの。
Fungible Token 全てが同じ特徴を持つ。 お金、仮想通貨

NFTの特徴

ERC721規格により発行される

ほとんどのNFTがイーサリアムのブロックチェーン上でERC721の規格を用いて発行される。ERCとはEthereum Request for Commentsの略。これはイーサリアム上で発行されるトークンの仕様(規格)を決めるものだ。また、ERC721とは721番目に提案された規格という意味である。

その他のERCの説明

トークンが固有の情報を持つ

NFTがNFTである特徴の1つなので当たり前だと思うが、「トークンが固有の情報」を持つというのは最大の特徴だ。

固有の情報を持たせることによって、トークン1つ1つに違いが生まれるようになっている。

NFTの活用事例

ブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)

クリプトキティー

NFTの活用先として最も有名なのがブロックチェーンゲームだろう。特に海外のゲームであるCryptoKitties(クリプトキティーズ)はその先駆けとなった

CryptoKittiesは生まれてくる猫をコレクションし、交配させて新たな猫を集めるゲーム。このNFTとして発行されている。

先に説明したように猫はNFTでできているので1匹1匹が固有の情報を持つ。CryptoKittiesの猫は、外見遺伝に関する2つの固有の情報を持っている。

そのため、猫によって見た目や遺伝情報が異なり、同じ猫というトークンでもそれぞれユニークなものとなっているのだ。

交配させて生まれてくる猫は親の遺伝情報に基づいているのでNFTの特徴を実感できる点も面白い。

ゲームによってはアイテムのNFT化によって所有者の履歴を残すことができ、見た目や効果だけではなくそのアイテムが辿ってきた歴史も価値と捉えることができるぞ。

おすすめブロックチェーンゲーム

知的財産の保護

イラスト自体をNFT化することで、所有者作者の情報を入れられるのでこれまでより偽物の流通が起こりにくい。さらに、トークン化することで特定のプラットフォーム以外での売買をできないようにすることが可能なので不正な転売を防げる。

また、アートの売買が可能である場合にその取引額の一部を自動的に作者に還元させることもできるぞ。すでにAnique株式会社では進撃の巨人のイラストにおけるデジタル所有権の抽選販売なども行なっている。

チケット販売の整備

音楽ライブなどのチケットでは、発行するアーティスト座席番号などの固有情報を含んでいる。

チケットをNFT化すればこれらの固有情報を入れることが可能。不正な販売元がわかることで偽チケットの購入を防ぐこともできる。さらに、特定の場所でしか売買できないようにすれば転売防止にもつながるぞ。

NFTを取引できるマーケット

NFTを取引できる主要なマーケットをいくつか紹介する。ブロックチェーンゲームのトークンが取引量の大半を占めているぞ。

OpenSea(オープンシー)

OpenSeaのロゴ

OpenSeaは最大手とも言えるNFTマーケット。ほとんどのブロックチェーンゲームユーザーが使っているNFTマーケットだろう。海外サイトであるが、かなり多くの日本人もが使用している印象だ。

英語がわからなくてもブラウザの翻訳機能を使えば問題なく利用できるだろう。

miime(ミーム)

miime

miimeメタップスアルファが運営している比較的新しいNFTマーケット。完全に日本語のサイトであるのでとても使いやすい。今後日本のブロックチェーンゲームユーザーが増えるにつれて盛り上がることが予想される。

現在取り扱っているタイトル

  • My Crypto Heroes
  • Crypto Spells
  • Gods Unchained
  • Brave Frontier Heroes

おすすめ関連記事

記事 記事概要
おすすめブロックチェーンゲームランキングのアイキャッチ画像 おすすめゲーム
おすすめのブロックチェーンゲームをランキング形式で紹介。
イーサスキャンの記事のアイキャッチ画像 イーサスキャンの使い方
取引履歴を確認できるイーサスキャンの使い方を解説。
ブロックチェーンゲーム_アイキャッチ画像 ブロックチェーンゲームとは
ブロックチェーンゲームの仕組みを初心者でもわかるように解説
ブロックチェーンゲームの始め方の記事のアイキャッチ画像 ブロックチェーンゲームの始め方
ブロックチェーンゲームの始め方を初心者にもわかりやすく解説。