DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

Libra(リブラ)とは?初心者向けにFacebookの仮想通貨をわかりやすく解説!

リブラの特徴
Pocket

おすすめ関連記事

ブロックチェーンゲームの始め方

リブラの買い方といつから買えるのか紹介

リブラのチャートを確認できるサイトを紹介

リブラの仕組みや目的を全て解説!Facebookの仮想通貨(暗号資産)リブラをホワイトペーパーを参考にしています。購入方法や買い方はもちろん、問題視されている理由も紹介中。

目次

Libra(リブラ)とは?-概要説明-

リブラの概要

リブラFacebookが発行する仮想通貨(暗号資産)。2019年6月18日(現地時間)に米フェイスブックによって発表された。

Facebookはリブラを世界共通のお金にして、世界規模で金融システムの利便性を向上させるためにこのプロジェクトを始動させた

しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨はもとより世界共通の通貨となることを目的に発行されている。それではなぜfacebookがここにきてリブラを発表したのだろうか。

この記事ではホワイトペーパーを噛み砕きながらリブラの目的や仕組みについてわかりやすく解説していく。加えて、リブラが世間を騒がせている理由についても言及するぞ。

基本情報

発行元 Libra協会、Facebook
発表日 2019年6月18日
公式サイト libra
ホワイトペーパー ホワイトペーパー

リブラ(Libra)の目的

リブラの目的

リブラの目的は一言でいうと世界の金融システム・インフラの整備だ。リブラという通貨を世界中の人々が使うことで現在の金融システムの問題点を解消することができる。

まずは、Facebookが考える世界の金融システムの問題点について触れていく。Facebookがリブラを必要とした理由を理解することで、リブラの目的をはっきりと理解できるだろう。

現在の金融システムの問題点

ネットバンクイメージ図

フェイスブックが挙げている世界規模での金融システムの問題点は主に2つ。

1つは金融システムを使えていない人々が少なくない点。現在、世界の17億人が銀行口座を持っていない。当たり前のように銀行口座を持つ私たちにとっては衝撃の事実だ。

これは個人間の送金や資産の管理をまともにできていない人たちが世界にたくさんいるということを示している。スマホ一台で金融サービスを使える時代にも関わらず多くの人がそれを使えていないというのだ。

ちなみにこのうちの10億人が携帯電話を持ち、5億人がインターネットにアクセスできる。

リブラが実装されれば個人で簡単に口座(ウォレット)を持つことができるので、口座を持たない人は格段に減るだろう。

あまりにも多くの人にとって、金融システムの一部は、インターネット以前の通信ネットワークのように見えます。20年前、ヨーロッパでテキストメッセージを送信する平均価格は1メッセージあたり16セントでした。3スマートフォンを持っている人は誰でも、基本的なデータプランを使って世界中で無料で通信できます。当時、電気通信の価格は高かったが均一だった。一方、今日、金融サービスへのアクセスは、それを最も必要とする人々、つまり、コスト、信頼性、シームレスに送金する能力の影響を受ける人々に対して制限または制限されています。 世界中で、お金の少ない人は金融サービスにもっとお金を払っています。苦労して稼いだ収入は、送金や電信送金から当座借越やATMの手数料まで、手数料によって侵食されます。給料日ローンは、年率換算で400パーセント以上の金利を請求できます。また、100ドルを借りるだけでも、金融費用は30ドルにもなります。4なぜ既存の金融システムの境界に留まるのかと人々に尋ねると、「銀行に預けられていない」ままである人は、十分な資金、高額で予測不可能な手数料、銀行が遠すぎ、必要な書類がないことを指摘します。

▲Facebookは、スマホでメールのやり取りが無料で行えるようになったようにお金の送金も同様であるべきだと唱えている。

2つ目は金融サービスそのものに難があるという点。特に以下の3つについてフェイスブックは問題視している。

  • 高額な手数料
  • 銀行の信頼度
  • スムーズな送金ができない(特に国際送金)

金融機関を利用している方ならおわかりだと思うが、何をするにしても手数料がかかってしまう。単なる入出金でさえ手数料にうんざりしている人も多いだろう。

また、銀行は100%安全な取引・管理を実現しているわけではなくどこかにリスクを抱えている。人的ミスであったり物理的にお金が盗まれる可能性を秘めているのだ。しかし、後述するブロックチェーンの仕組みを使えば安全な取引が保証される。

最後に国際送金におけるスムーズな送金ができない点について。まず国際送金の仕組みを簡単に説明する。 Aという銀行からBという海外の銀行に送金するには次のように行われる。

A銀行→中継銀行1→中継銀行2→・・・→中継銀行n→B銀行

間に銀行を経由する分手数料がかかるので国際送金をする際は手数料が高額になってしまう。また、複数の銀行を経由するので着金までに時間がかかることも。もし、世界中の人が同じ通貨を使っていれば、間に銀行を挟むことなく早くて安い送金が可能となる

リブラが実現したいこと

リブラが実現したいこと

これらの問題点を踏まえた上でリブラは以下のことを実現したいと考えている。

  • より多くの人々が金融サービスと安価な資本を利用できるようになるべきだと考えています。
  • 私たちは、人々が法的労働の成果をコントロールする固有の権利を持っていると信じています。
  • グローバル、オープン、即時、低コストのお金の動きは、世界中で計り知れない経済的機会とより多くの商取引を生み出すと信じています。
  • 人々はますます分散型のガバナンスを信頼するようになると信じています。
  • グローバルな通貨と金融インフラストラクチャは、公共財として設計および管理されるべきだと考えています。
  • 私たちは皆、経済的包摂を促進し、倫理的主体を支援し、生態系の完全性を継続的に維持する責任があると信じています。

Google翻訳だとわかりにくいので、わかりやすくまとめるとこのようになる。

Libraで成し遂げたいこと

  • 世界中のより多くの人が金融サービスを使えるようにする
  • 金融サービスにかかる不必要なコストがかからないようにして自己資産を守れるようにする
  • 口座を持つ人の増加、取引の簡易化により世界レベルで取引量を増やし経済的機会を増加させる
  • 誰かが管理しないというシステムへの信頼の向上(ブロックチェーンのシステムへの信頼)
  • Libraという世界通貨と金融インフラは公的なものとして管理すべき
  • Libraの金融包摂の発展や倫理的な人間への支持、エコシステムの運営に責任をもつ必要がある

上から4つは実現したいことで、下2つはフェイスブックの決意に近いものだと考えられる。特に注目したいのが5番目の項目で、リブラはフェイスブックという一企業のものではなくみんなのものであることを強調している

リブラの仕組み

これまで述べてきたリブラの構想をどのように実現させるのか。リブラの3つの仕組みを理解することでその道のりが見えてくる。

1.Libraブロックチェーンによるセキュリティの強化

ブロックチェーンの画像

フェイスブックはリブラが普及しても問題が起きないように数十億人が満足する強固な基盤を作ろうとしている。

そこで使うのがブロックチェーンという技術。特に、リブラのために新たに作られるブロックチェーンをLibraブロックチェーンと呼び、仮想通貨Libraはこのチェーン上で取引される。

ブロックチェーンについて簡単に説明すると、「第三者を必要としないで契約が成立する」「データの改ざんやコピー起きない」「障害に強い」などの特徴を持つ革新的なシステムのこと。

これまでの文脈に合わせると、銀行等を通さずとも個人間で安全な送金が可能となるのだ。しかも世界レベルで。

そして、Libraブロックチェーンではブロックチェーンの特徴に加えて下記の要件を実現しようとしている。

  • 数十億のアカウントに拡張できるため、高いトランザクションスループット、低遅延、効率的で大容量のストレージシステムが必要です。
  • 資金と財務データの安全性を確保するための高度なセキュリティ。
  • 柔軟性があるため、Libraエコシステムのガバナンスと、金融サービスの将来のイノベーションを強化できます。

わかりやすくするとこちら。

Libraブロックチェーンの特徴

  • 高い処理能力を持ち、低遅延かつ効率的で大容量な数十億人に対応できるシステム。
  • 資金や財務情報の安全を確保するための強固なセキュリティ。
  • 将来のイノベーションに備えた柔軟性のあるシステム。

実際にリブラが普及すると何十億人もの人々が取引を行うことになる。何十億もの人が取引しても問題なく動作し、資産の流出などの心配がないセキュリティがリブラには求められている。リブラブロックチェーンの設計が全てを決めるといっても過言ではない。

Libraブロックチェーンの詳しい解説(外部サイト)
Libraの新しいプログラミング言語moveのホワイトペーパー要約

2.裏付け資産リザーブで価格変動を抑える

リザーブの画像

リブラは価格変動が起こりにくいステーブルコインの一種。詳しい仕組みは割愛するが、ステーブルコインは裏付け資産となる一つの法定通貨に連動して価格が決まるようになっていて、仮想通貨特有のボラティリティが(価格の変動)が非常に小さくなる。

例) 1ドル = 1リブラ

リブラの場合、一つの法定通貨を元にするのではなく米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドなどの複数の通貨に連動して価格が決まる。この複数の法定通貨の裏付け資産を総称してリザーブと呼ぶ

複数の通貨に連動しているので従来のステーブルコインに比べるとボラティリティはやや大きいが、あらゆる地域でリブラを購入できるようになる。

これまでの仮想通貨はボラティリティが大きく、価値の変動が激しかったので通貨として利用するには難しかった。しかし、リブラのように価格変動が起こりにくいステーブルコインであれば理論上は安定した利用が可能となるのだ。

これはビットコインとの大きな違いの1つだろう。

リブラとビットコインの違いをわかりやすく解説

3.Libra協会によるエコシステムの運営と発展

リブラ協会の画像

リブラを運営するのはLibra協会。Libra協会の役割は主に3つ。

Libra協会の役割

  • Libraブロックチェーンの運用の促進
  • リザーブの管理
  • ネットワークの推進・発展・拡大を目指す関係者間の協調と合意形成の促進

特に重要なのが、リザーブの管理とネットーク関係者の協調と合意形成の促進。リザーブはリブラの価格を決める重要な要素なのでリブラ協会によって決定される。

そして、リブラの運用に関係するメンバーを取りまとめるのもLibra協会の役目。重要な方針や技術的な決定事項はリブラの評議会の3分の2の合意が必要となっている

まとめ!Libraを支える仕組み

  • セキュリティ→リブラブロックチェーンの活用
  • 通貨としての安定性→裏付け資産リザーブ
  • リブラの継続的な運用→リブラ評議会による責任ある決定

リブラへの参加企業

参加企業一覧

参加企業一覧

現在リブラに参加している企業は21社。決済系企業のPayU、マーケットプレイスになりうるUberSpotify、ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツなどが参加している。

何より月間アクティブユーザー24億人が利用しているSNSを持つFacebookの加盟は大きいに違いない。

マネックスグループも協会に参加!?

マネックスグループ_ロゴ画像

日本企業であるマネックスグループがリブラ協会に加盟申請をしている。ただし、最終的な審査結果はまだ出ておらず発表スケジュールも未定だという。

もしマネックスが加盟されれば、マネックスが運営している仮想通貨取引所の「Coincheck(コインチェック)」でLibraが購入可能になるかもしれない

脱退、離脱した企業も

当初リブラに参加する企業は28社だった。しかしリブラに対する規制当局の動きもあり、そのタイミングで7社の企業が脱退した。

脱退した企業にはVisaマスターカードStripeeBayなどの大手決済企業が含まれていただけにリブラの決済面での打撃は大きい。

脱退した企業一覧
Mastercard Visa
PayPal eBay
Mercard Pago

まとめ!Libraの参加企業

  • 有力な企業が加盟している
  • 日本企業からはマネックスが加盟する可能性あり
  • 大手決済会社が抜けたことで決済面への影響がありそう

リブラの問題点や懸念点

ここまで解説してきてリブラを素晴らしいと思う人がほとんどだろう。しかしリブラに対する規制は強く、世間の目も厳しいのが現実だ。

なぜ、素晴らしい構想を描いているリブラが厳しい状況にあるのか。それはリブラの利用規模に対してリスクの影響が大きいということにある。

セキュリティへの懸念

セキュリティイメージ図

仮想通貨が誕生してから多くのハッキング事件が起きている。その影響か世界でも仮想通貨に対する目は厳しい。

もし世界共通の通貨となるLibraが不正な手段で大量に入手されることがあれば、世界レベルで混乱を引き起こしてしまう。

Facebookが過去に大量の個人情報を流出したことも合わせてリブラのセキュリティに不安を抱く人も多いと考えられる。

民間企業の個人情報の収集

情報の集約

Facebookはリブラを公共のものであるべきだとホワイトペーパーに記載しているが、実際は大量のデータがFacebookないしはリブラ協会に集約されてしまう。

また、リブラのネットワークは一部の企業のみが参加できるノードで運用されるため、世界通貨を一部の企業によってコントロールされてしまうことを問題視する声も上がっている。

マネーロンダリングに利用される

マネーロンダリング

仮想通貨全般に言えることだが、所有者の匿名性が高いためマネーロンダリングに使われるリスクがある。特に世界規模でLibraが使われるようになれば当然そのリスクも大きくなる。

ブロックチェーンの性質上取引の履歴をたどることは可能だが、小分けに大量のウォレットに送信して資金の流れをわかりにくくしたり、他のマイナーな仮想通貨に交換されたりすると悪用された資金の出所がわからなくなってしまう

特に本人確認がない海外の取引所だとその可能性は高まるので、Libra協会がそこに対応できるのか懸念されている。

各国の金融システムへの影響

世界の金融システム

リブラが浸透するにつれて各国の貨幣需要に大きな影響を与える可能性が高い。仮に紙幣がリブラに代えられる動きが強まると、その国の通貨の機能が破綻してしまう。

そうなると金融政策やシステムに影響が出てしまうことは間違いないだろう。

まとめ!Libraの問題点と懸念

  • セキュリティへの懸念
  • 民間企業への大量データの集約
  • マネーロンダリングへの利用
  • 各国の金融システムへの影響

リブラの購入方法

リブラ_購入イメージ図

いつから買えるのか

リブラは2020年前半にローンチ予定。つまり少なくともLibraを買えるのは2020年以降で、現時点(2020年1月)では世界中のどこでも買うことはできない。

リブラの購入方法とメリット

Libraの買い方

協会に属しているのがのが海外企業ということもあり、まずは海外の仮想通貨取引所で購入できると考えられる。しかし、日本円も裏付け資産になる予定なので、遅れて日本の仮想通貨取引所でも買えるようになるはずだ。

もしマネックスグループがリブラ協会に加盟できれば、コインチェックでの上場も考えられる(上場すれば購入が可能)。マネックスとコインチェックの動きに注目したい。

その他のおすすめ取引所

まとめ!Libraの購入方法

  • 買えるのは2020年前半
  • 日本では遅れて購入可能か
  • マネックスが加盟すればコインチェックの購入が可能になるかも

リブラの現状と将来

最新のロードマップ

2019年12月7日に最新のロードマップが発表された。簡単にまとめると以下の通り。

  • プロトコルドキュメントの作成と外部向けAPIの調整中
  • 技術を持たないメンバーへの支援体制の強化
  • 透明性の強化
  • コミュニティ構築の強化

参考 : ロードマップ#2

ウォレットもリリース予定

カリブラ_ウォレット

Facebookの子会社である「Calibra(カリブラ)」は仮想通貨ウォレットの開発を進めている。CalibraはLibraネットワークを使った金融サービスを提供する企業。

カリブラはLibraに特化したウォレットとなる予定でMessengerWhatsApp専用アプリからのみ利用可能。テキストメッセージを送るくらい簡単に早くて安いリブラの送金ができるようになるそうだ

参考 : 2020年に登場:カリブラ Facebook公式サイト

まとめ

Facebookの描いているリブラの構想は理解いただけただろうか。世界共通の通貨が誕生することによるメリットは大きいが、同時に多くのリスクも抱えているのが現実だ

有力な企業も加盟しているLibra協会によって問題点が解決されることに期待したい。現時点では予定通りにLibraをローンチするそうなので今後の新情報が楽しみであることは間違いない。

リブラによってどのように世界が変わるのかみなさんにもぜひ考えてもらいたい。

次に読むべきおすすめ記事

記事 記事概要
ブロックチェーンゲームの始め方の記事のアイキャッチ画像 ブロックチェーンゲームの始め方
ブロックチェーンゲームの始め方を丁寧に解説しているぞ。この記事を読めばブロックチェーンゲームを必ずプレイできるようになる。
おすすめブロックチェーンゲームランキングのアイキャッチ画像 おすすめブロックチェーンゲームランキング
おすすめのブロックチェーンゲームを紹介中。実際にプレイした編集部のおすすめポイントも紹介しているぞ。
日本のブロックチェーンゲーム一覧記事のアイキャッチ画像 日本のブロックチェーンゲーム一覧
日本のブロックチェーンゲームを紹介中。日本での評判やゲームの特徴も詳しく解説しているぞ。
スマホ対応ゲームの記事のアイキャッチ画像 スマホで遊べるブロックチェーンゲーム紹介!
スマホで遊べる人気ブロックチェーンゲームを紹介中。スマホで気軽にプレイしてみたい方にはおすすめだ。