DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

仮想通貨を今から始めるのはもう遅い!仮想通貨を使ったゲームならまだ間に合う

仮想通貨はもう遅い?_アイキャッチ画像
Pocket

おすすめ関連記事

ブロックチェーンゲームの始め方

おすすめブロックチェーンゲームランキング!

日本のブロックチェーンゲーム一覧

仮想通貨を今から始めるのはもう遅いのか考察!仮想通貨の今後や将来性に触れながら、次にくる仮想通貨を使ったゲーム「ブロックチェーンゲーム」も紹介しているのでぜひご覧ください。

目次

今から仮想通貨(ビットコイン)を始めるのは遅い?

ビットコインという言葉から仮想通貨を知った人も多いのではないだろうか。そしてその仮想通貨が数年前に盛り上がり「億り人」と呼ばれた人が多数生まれた事実もすでにご存知だろう。むしろそれを知ってこの記事を見に来た方も多いと思う。

この記事では数年前に大熱狂を巻き起こした仮想通貨を今から始めても遅いのか?そして、次に来るかもしれない仮想通貨を使ったサービスについて紹介する。

仮想通貨ブームの再来には期待できない

2017年に大ブームを巻き起こしたビットコインを始めとした仮想通貨。アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨でも多額の資産を手に入れた人も存在する。

結果から言うとこのような爆発的なブームがすぐに起きることは考えにくい。なぜなら、ブーム後の2年間で多くの取引所がハッキングされ、仮想通貨に対する規制は厳しくなり社会の目も冷たいというのが現状だからだ。じわじわと上がる可能性はあるが、急騰するようなことはないだろう。

ハッキング騒動も落ち着き、次第に信頼感を取り戻しつつある仮想通貨。根幹の技術であるブロックチェーンの認知によって再び日の目を浴びる日はがくることに期待したい。

投資目的ならいつでも大丈夫

急騰を期待して仮想通貨デビュー!という方には始めるのが遅いと述べたが、仮想通貨取引所で取引を行うのであれば今から始めても遅くはないだろう。

また、先ほど仮想通貨の規制が厳しくなったと述べたが、顧客保護体制の強化などが進んでいることを考えるとユーザーにとっては安心して取引デビューできる環境が整いつつあるといえる。

爆発的なブームには期待できないとはいえ、まだまだ未知の可能性を秘めている仮想通貨。この記事を機に始めてみても良いかもしれない。

ただし、他の金融取引とは異なりボラティリティが大きいので、多額の利益を出すこともできれば多額の損失を出す可能性もある。利益の面だけ見れば仮想通貨取引の最大のメリットだが、損失した時のダメージは計り知れないので注意して行おう。

おすすめ仮想通貨取引所

※仮想通貨の取引は自己責任でお願いします。

仮想通貨の今後と将来

イーサリアムの画像

ブロックチェーンサービスの普及

仮想通貨の今後を担うのはブロックチェーンを使ったサービスDappsだろう。Dappsは運営が存在せず

Dappsは必然的に仮想通貨を使うことになるので、dappsが流行れば仮想通貨が受け入れられる日も遠くはない。

そしてdappsの中でも最も勢いがあるのがブロックチェーンゲーム(dappsゲーム)と呼ばれるブロックチェーンを使った次世代ゲーム。

ゲーム内のアイテムは仮想通貨で売買され、手に入れたアイテムはゲーム内外のマーケットで売買できる。アイテムを安く手に入れ、高く売ることができれば資産を増やすことも可能だ

また、ゲーム内のアイテムもトークンで出来ていて実際に手元に残すことができる。サービスが終了しても苦楽を共にしたキャラクターが消えることはないのだ。

この記事だけでは全てを説明できないので気になる方はぜひ下の記事からブロックチェーンゲームを知ってもらいたい。(記事の後半でも解説中)

ブロックチェーンゲームの詳しい解説

仮想通貨周りの法律の整備

仮にdappsが流行ったとしても、仮想通貨に対する不安感が拭えない限り多くの人が仮想通貨を持つことはない。ここで重要になるのが国による仮想通貨周りの整備だ

現状取引所のハッキングによる資産の流出よくわからない税金の仕組みなど不安要素が多く、一般の人から見たら怪しいという印象を持たれているのが正直なところだ。

そこに対し国という大きな公共機関によって法律や制度が整備されれば、まるで法定通貨のように仮想通貨を持てるようになるだろう。

仮想通貨の有用性が認められる

dappsが流行り仮想通貨が多くの方に信頼されれば、その有用性が認められ仮想通貨が普及する未来も考えられなくはない。

その時に価値に気づいた人々が大量の仮想通貨が購入すれば、2017年のような爆発的なブームが起きるかもしれない…。

仮想通貨を使ったゲームの特徴

トレード記事のアイキャッチ画像

仮想通貨を使ったゲーム「ブロックチェーンゲーム」の特徴を紹介する。少し難しい話になるので「まるまる」と「カレンちゃん」と一緒に勉強しよう。

ゲーム内通貨が仮想通貨

多くのブロックチェーンゲームではアイテムやキャラクターをゲーム内通貨で購入する。使われるゲーム内通貨は仮想通貨で購入したり、仮想通貨そのものがゲーム内通貨として使われる場合もあるぞ。ゲームの世界を現実にリンクさせる要因の一つが仮想通貨だ。

カレンの画像
カレン

仮想通貨ってなんだか難しそう。

まるまるの画像
まるまる

ソシャゲに課金する時も日本円を買うだろ?やってることは変わらないんだ。 ブロックチェーンという技術を使うためには、仮想通貨というブロックチェーンの世界の日本円を使ってゲーム内通貨を買うんだ。

アイテムの交換・売買が可能

ブロックチェーンゲームではゲーム内のマーケットや外部のマーケットを使って、他のユーザーとアイテムの売買や交換が可能だ。さらに、ゲーム間を超えたアイテムの売買もできる。従来のゲームにはないブロックチェーンゲームの最大の特徴だ。

売買をうまく行えばゲーム内通貨を稼ぐことができ、日本円に交換すれば現実世界での利益となる。ゲームで稼げる時代が近づいているのだ。

まるまるの画像
まるまる

クリプトキティーズという猫を収集するゲームで、1匹の猫が600ETH(当時のレートで約2,000万円相当)で購入されたのは有名な話だ。

アイテムが個性と価値を持つ

従来のゲームではゲーム内のアイテムは全てデータだった。一方でブロックチェーンゲームで登場するアイテムやキャラクターはデータではなくトークンだ

カレンの画像
カレン

トークン!?なにそれ?さらっと難しい言葉を挟まないでよねー。

まるまるの画像
まるまる

トークンはブロックチェーン上で特定の条件で発行されるクーポンやポイントのようなものだよ。実は仮想通貨もトークンの一種なんだ。 トークンは普通のクーポンとは違い、いろいろな種類が存在している。

カレンの画像
カレン

その種類のうちの1つがゲームのアイテムってこと?

まるまるの画像
まるまる

その通り!やるじゃないか。 トークンはスライムのように色々なものに変身できるものだと思ってもらいたい。 続けるぞ。

ゲーム内アイテムとしてのトークンは仮想通貨のように全てが同一の価値というわけではない。トークンには固有のIDや所有権、取引履歴などが記録されていて、見た目が同じでも実は1つ1つのアイテムがオリジナリティを持つのだ。これによってアイテムに個性や価値が生まれる

ゲームで集めた資産が消えない

従来のゲームではアイテムやキャラクターは全て運営が管理しているデータなので、サービスが終了すると苦労して集めたアイテムやキャラクターは消えてしまう

しかし、ブロックチェーンゲームではアイテムやキャラクターはトークンとしてブロックチェーン上に残り続ける。

カレンの画像
カレン

ブロックチェーン上に残り続けるってどういうことー?

まるまるの画像
まるまる

説明が足らなかったかな。 ブロックチェーンゲームのアイテムは運営の手元から離れて、ブロックチェーンという世界に放り出されているようなイメージなんだよ。

カレンの画像
カレン

うーん。わかるようでわからないような。

まるまるの画像
まるまる

鳥っているだろ?

カレンの画像
カレン

急に何。きもーい。鳥がどーしたのー?

まるまるの画像
まるまる

いいから聞きなさい。 親鳥が生んだ雛鳥はいつか巣立って親鳥の元を離れる。 ゲームで考えると親鳥が運営雛鳥がアイテムみたいなものだと思ってほしい。

カレンの画像
カレン

ふむ。

まるまるの画像
まるまる

親鳥が死んでも巣立った子供達は地球という世界で本能のままに生きているだろ? ゲームに置き換えると運営がサービスを終了しても、作り出されたアイテムはブロックチェーンの世界では存在しつづけるんだよ。

カレンの画像
カレン

なるほどね!わかった気がする。 てことは巣立った子供たちが地球という世界で自由に生きているように、ブロックチェーンゲームのアイテムもブロックチェーンの世界で自由に扱えるってこと?

まるまるの画像
まるまる

素晴らしい。 それについては次で話そう。

異なるゲーム間でのアイテムやキャラの利用

ブロックチェーンゲームではゲームAのアイテムをそのままゲームBに持ってくることができる。従来のゲームではコラボとして別のゲームにキャラクターが登場するが、これはただ別のゲームに新たにキャラクターを作り出しているに過ぎない。

ブロックチェーンゲームではアイテムがトークンとしてブロックチェーン上に保管されていて、キャラクターやアイテムを別のゲームに持ってくることができる。ゲームAがサービス終了してもゲームBに持ってくることで資産の再利用も可能だ。

まるまるの画像
まるまる

他のゲームで自分の集めたアイテムやキャラクターが使えるのは従来のゲームではできなかったことだ。サービス終了したゲームのキャラが他のゲームで活躍できたら最高だと思わないか?

運営の不正が起こりにくい

ブロックチェーン上で動いているシステムは誰かに管理されることがない(中央管理者がいない)。ゲームも同様で、ブロックチェーンを使ったシステムには、たとえ運営でもシステムの変更は不可能だ。そのため、ブロックチェーンゲームでは運営の不正などが起こりにくい。

サーバーダウンが起きない

ブロックチェーンの仕組み上、世界中の端末(ノード)でブロックチェーンのシステムが共有されている。特定のサーバーに依存しない仕組みとなっているので、サーバーダウンが起こりにくい。

まるまるの画像
まるまる

ブロックチェーンゲームの魅力をわかっていただけただろうか。ブロックチェーンゲーマーが増えることに期待している。

ブロックチェーンゲームの詳しい解説

おすすめブロックチェーンゲームランキング

1位:コントラクトサーヴァント

コントラクトサーヴァントのロゴ

コントラクトサーヴァントはアクセルマークが開発を手がけるブロックチェーンゲーム。サーヴァントと呼ばれるカードを8枚選んでデッキを編成しバトルに挑むトレーディングカードゲーム

バトルはターン制オートバトルで進行し、先に相手のサーヴァントを全滅させるか、5ラウンド終了時点で多くのサーヴァントが生存していた方が勝利となる。

2位:マイクリプトヒーローズ

マイクリ_アイキャッチ

歴史上の人物をモチーフにしたヒーローを使ってクエストに挑戦するシミュレーションRPG。プレイヤーはヒーロー3体で構成されるチームを編成してクエストに挑戦していく。

リリース以降世界No.1の取引量を誇るブロックチェーンゲームで、日本を代表するゲームとなっている。

3位:クリプトスペルズ

クリプトスペルズのロゴ画像

クリプトスペルズはトレーディングカードゲーム。プレイヤーはリーダーを選び、カードを組み合わせてオリジナルのデッキで戦う。カードは赤、青、緑、白、黒の5つの文明と中立カードに分かれていて、それぞれの文明ごとにデッキを作成する。

各リーダーにはクリプトスペルと呼ばれる2枚の専用スペルカードが設定されていて、プレイヤーはバトル開始時に2枚のクリプトスペルの中から1枚を選ぶ。クリプトスペルは強力なカードだが1度しか使えないので、使うタイミングが勝負のポイント。

もっとおすすめゲームを見る

次に読むべきおすすめ記事

記事 記事概要
ブロックチェーンゲームの始め方の記事のアイキャッチ画像 ブロックチェーンゲームの始め方
ブロックチェーンゲームの始め方を丁寧に解説しているぞ。この記事を読めばブロックチェーンゲームを必ずプレイできるようになる。
おすすめブロックチェーンゲームランキングのアイキャッチ画像 おすすめブロックチェーンゲームランキング
おすすめのブロックチェーンゲームを紹介中。実際にプレイした編集部のおすすめポイントも紹介しているぞ。
日本のブロックチェーンゲーム一覧記事のアイキャッチ画像 日本のブロックチェーンゲーム一覧
日本のブロックチェーンゲームを紹介中。日本での評判やゲームの特徴も詳しく解説しているぞ。
スマホ対応ゲームの記事のアイキャッチ画像 スマホで遊べるブロックチェーンゲーム紹介!
スマホで遊べる人気ブロックチェーンゲームを紹介中。スマホで気軽にプレイしてみたい方にはおすすめだ。