DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

仮想通貨のウォレットとは?種類や仕組み、安全性を徹底解説

ウォレットの仕組み記事のアイキャッチ画像
Pocket

おすすめ関連記事

おすすめ仮想通貨ウォレットを紹介

おすすめ仮想通貨取引所

ガス代計算ツール

仮想通貨を安全に管理するためには、専用のウォレットで保管することが重要です。今回は、仮想通貨のウォレットの種類と仕組みを整解説します。

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管するための財布(ウォレット)のことを指します。

仮想通貨のウォレットの仕組み

仮想通貨における「電子署名」

■電子署名

電子署名とは取引上でデータの偽造や改ざんを防止する為のシステムで、公開鍵と秘密鍵という2つの鍵を使うことによって実行されます。

■公開鍵

公開鍵とは、第三者に公開する鍵、つまり世界中のインターネットユーザーに公開されている鍵のことを指します。

■秘密鍵

秘密鍵とは、自分だけが知っている無作為に選ばれる数値で構成される鍵のことを指します。保有している仮想通貨の所有権が自分にあることを証明するために必要で、もし自分以外の第三者に教えてしまった場合、その所有権を譲渡することになってしまうため、絶対に教えてはいけない性質のものとされています。

ウォレットのセキュリティー

「ホットウォレット」と「コールドウォレット」

ウォレットには、大きく分けて「ホットウォレット」「コールドウォレット」があります。

■ホットウォレット

ホットウォレットとは、ネットワークに常時接続された(オンライン)環境にあるウォレットです。ホットウォレットで仮想通貨を管理していると、不正アクセスによって、ビットコインを第三者に送金されてしまうリスクが高まります。

■コールドウォレット

コールドウォレットとは、ネットワークから隔離された(オフライン)環境に秘密鍵を保存するウォレットです。ハッキングの恐れがないためホットウォレットより安全性は高いと言えます。

「シングルシグ」と「マルチシグ」

■シングルシグ

シングルシグとは、公開鍵方式のうち、公開鍵1つに対して秘密鍵1つで管理することをいいます。例えるならば、金庫1つに対して鍵が1つあれば開ける状態を指します。鍵の管理コストは低くなりますが、セキュリティの観点からは、マルチシグより低くなるでしょう。

■マルチシグ

マルチシグとは、公開鍵方式のうち、複数の署名(承認)を要する仕組みのことを指します。

マルチシグアドレスの場合、鍵が複数存在し、それを分散して管理することで、一つの端末がハッキングされたり、パスワードが一つ流出したりしても、仮想通貨の盗難を防ぐことができます。

マルチシグのものをハッキングするためには複数の端末やサーバーを同時に攻撃する必要があるため、セキュリティー性は向上すると考えられています。

復元用パスフレーズ

復元パスフレーズは、ウォレットの仮想通貨を復元することができるパスワードです。英語や日本語の単語の組み合わせで構成されます。

パスフレーズを紛失した場合、ウォレット内の資産を全て失う可能性があります。パスフレーズが他者に知られた場合も資産を奪われてしまう恐れがあります。

ウォレット作成時この復元パスフレーズを忘れないよう順番通りにメモなどに残し必ず保管しておきましょう。ハッキングのリスクも考え紙のメモやオフラインでの管理を推奨します。

ウォレットの種類

ウォレットにはいくつかの種類があります。それぞれ解説していきます。

ソフトウェアウォレット(ローカルウォレット)

ソフトウェアウォレットとは仮想通貨を管理するためのソフトウェアを自分のPCにインストールして使用するホットウォレットです。

【メリット】
インストール後すぐに使用することが可能で利便性が高く使いやすいウォレットです。

【デメリット】
インターネットを介して仮想通貨を保管することになるので、コールドウォレットに比べると、ハッキングリスクが高くなっています。

ソフトウェアウォレット紹介

■MyEtherWallet

イーサリアムを保管するためのソフトウェアウォレットであり、イーサリアム上で発行されるERC20トークンも保管することができます。またウェブウォレットとしても使用できます。

MyEtherWalletの公式サイトはこちら!
■mist

イーサリアムの公式ウォレットです。同期に長い時間がかかってしまうこともあって、あまり使い勝手が良いとは言えませんが、公式ウォレットという安心感があります。

イーサリアムの詳細はこちら!
■Bitcoin Core

ビットコインの公式ウォレットです。mistと同様、同期に時間がかかることもあり、利便性が高いとは言えませんが、公式ウォレットという安心感がある点が特徴と言えます。

ビットコインの公式サイトはこちら!

ウェブウォレット(オンラインウォレット)

ウェブウォレットとはサイト運営者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットです。取引所のウォレットもこちらに含まれます。

【メリット】
サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理ができます。

【デメリット】
ウォレットの管理をウェブサイトを通じて行うため、サイトへのアクセスやログインができなくなった場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。

ウェブウォレット紹介

■MyEtherWallet

イーサリアムを保管するためのウェブウォレットであり、イーサリアム上で発行されるERC20トークンも保管することができます。またソフトウェアウォレットとしても使用できます。

MyEtherWalletの公式HPはこちら!
■Blockchain.info

世界で最も利用されているウェブウォレットの一つです。取扱通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類。通貨の保有比率やチャート、取引履歴が確認できます。

Blockchain.infoの公式HPはこちら!
■MetaMask

イーサリアムやイーサリアムベースのトークンを保管するためのウォレットです。dapps(分散型アプリケーション)開発で利用されることも多く、エンジニアの方にとっては馴染みのあるウォレットと言えるかもしれません。

MetaMaskの登録方法と使い方はこちら!

モバイルウォレット(スマホウォレット)

モバイルウォレットとはスマートフォンのアプリを用いて、自分の秘密鍵を管理するタイプのものを指します。

【メリット】
ソフトウェアウォレットの場合、インストールされたPCがない環境ではウォレットにアクセスできないという欠点がありますが、モバイルウォレットであれば、 スマホさえあればいつでもどこでも利用することができます。

【デメリット】
モバイルウォレットを使用する場合、スマホが壊れて電源が入らなくなったり、誤ってスマートフォンを初期化してしまい、ウォレットにアクセスできなくなり、資産を全て失ってしまうリスクがあります。こういった事態に備え、バックアップを取っておくことが重要です。

モバイルウォレット(スマホウォレット)紹介

■Ginco

スマホで簡単かつ安全に仮想通貨を管理することができるモバイルウォレットです。国内企業が開発しています。

■Coinbase Wallet

世界で最も著名な仮想通貨取引所であるコインベース社が展開するウォレットです。

Coinbase Walletの公式HPはこちら!
■Wei Wallet

イーサリアムのウォレットであり、シンプルさに特色があります。Gincoと同様、こちらも国産のウォレットであることが特徴として挙げられます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵が内蔵された外部デバイスのことを指します。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、厳重なセキュリティーで保管できます。

【メリット】
インターネットから隔離された環境下に秘密鍵を保管するため、資産を安全に保管することができる点が挙げられます。

【デメリット】
ハードウェアウォレットのデメリットとしては、購入費用が高いことや紛失リスクがあることが挙げられます。

ハードウェアウォレット紹介

■Ledger Nano S

ハードウェアウォレットの中で、最も代表的なものの一つです。取り扱い通貨も豊富で、おすすめしたいウォレットの一つです。

Ledger Nano Sの公式HPはこちら!
■Trezor

Ledger Nano Sと同様、世界中で標準的に使用されているハードウェアウォレットです。電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用できます。

Trezorの公式HPはこちら!
■Keepkey

Keepkeyとは、デバイス自体がプライベートキーの生成・保管を行うタイプのウォレットです。対応通貨は少なめですが、PINシャッフル機能によるセキュリティの高さが特徴として挙げられます。

Keepkeyの公式HPはこちら!

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとはアドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管をするタイプのウォレットのことを指します。

【メリット】
PCで秘密鍵を保管している場合、インターネットを介して、仮想通貨をハッキングされるリスクがありますが、ペーパーウォレットではそのリスクがありません。

【デメリット】
インクや紙が劣化する恐れがあります。印刷されたアドレスや秘密鍵が見えなくなると、取り出すことができなくなるため、注意が必要です。

物理ウォレット

物理ウォレットとは鉄やメタルプラスチックに仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指します。

【メリット】
高いセキュリティー性能を持つコールドウォレットで、紙よりも圧倒的な耐久性を誇ります。

【デメリット】
値段がやや高価となっています。

物理ウォレット紹介

■Cryptosteel

耐火性、耐水性、耐衝撃性、耐摩耗性に優れた物理ウォレットです。

Cryptosteelの公式HPはこちら!

ブレインウォレット

ブレインウォレットとは人間の脳で秘密鍵を記憶するタイプの仮想通貨の保管方法のことを指します。

【メリット】
秘密鍵を盗まれる可能性が基本的には無くなります。

【デメリット】
秘密鍵を忘れてしまうリスクがあります。

取引所に保管する

自分のウォレットで管理せずに取引所に保管しておく事も出来ます。

【メリット】
秘密鍵を管理する手間が省けることが挙げられます。

【デメリット】
常にオンラインで保管することになるのでハッキングリスクが高まります。そのため、セキュリティ対策がしっかりしている取引所を選ぶことが必要です。

dappsゲーム利用にオススメの取引所まとめはこちら!

おすすめ関連記事

記事 記事概要
ウォレットランキングのアイキャッチ画像 おすすめ仮想通貨ウォレット
おすすめのウォレットをランキング形式で紹介。
仮想通貨 仮想通貨の種類と特徴
仮想通貨の種類や特等を丁寧に解説。
イーサリアムの記事のアイキャッチ画像 イーサリアムの特徴と仕組み
dappsやブロックチェーンゲームのプラットフォームであるイーサリアムを解説。
ガス代解説記事のアイキャッチ画像 ガス代の特徴を解説
送金の際にかかる手数料(ガス代)を解説。ガス代計算ツールも掲載しているぞ。