DappsWith DappsWith

DappsWith - 国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

国内最大級のブロックチェーンゲーム情報・攻略サイト

【コントラクトサーヴァント】βテストプレイレポート!デッキ編成が深すぎた…【コンサヴァ】

コントラクトサーヴァントのチュートリアル開始画面
Pocket

おすすめ関連記事

コンサヴァの最新情報

コンサヴァのβテスト参加方法と概要

βテスト中のキャンペーン解説

コントラクトサーヴァント(CSCG)のβテストプレイレポート!遊び方やゲームシステム、サーヴァントカードの特徴も解説しながらコンサヴァのβテストの感想を掲載中です。コントラクトサーヴァントをプレイしたい方はぜひご覧ください。

今回のβテストの3つの決め事

今回のβテストの決め事として以下の3つを定めることにした。ゲームシステムの理解はもちろん、ブロックチェーンゲームに触れた事のないユーザー目線で、どう感じるかしっかりとレポートしていきたい。

以下の3つを頭に入れてβテストに参加

  • ゲームシステムを徹底的に理解する
  • 一般的なゲーマー目線でプレイする
  • とにかく楽しむ

ついにβテストスタート

コントラクトサーヴァントのチュートリアル開始画面

まずはチュートリアルから

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面

確認事項に同意してプレイヤーネームを決めたらいよいよゲームスタート。ゲームが始まるとサーヴァントが登場しチュートリアルへ。

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画像

ゲームシステムは8体のサーヴァントカードで組んだデッキで他のユーザーと戦うというもの。バトルはターン制オートバトルで進行する。つまり、プレイヤーが行うのはバトルで使用するデッキの編成のみとなる。このデッキの編成がかなり奥が深いとあらかじめお伝えしておく。また、βテストは1日30戦までとのことなので、やりこみによる差が発生しないのは朗報だ。

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面
まるまるの画像
まるまる

最後のメタ発言で少し吹いてしまった僕。

とりあえずバトルへ

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面

チュートリアルで「とりあえずBATTLE」を選んだ筆者は“とりあえずバトル”に挑むことに…。

コントラクトサーヴァントのゲーム画面

んー。何が起きてるかよくわからない…。負けてしまった。

しかし、わかったことが1つ。この作品、今までのブロックチェーンゲームと比べ物にならないくらいクオリティが高い

攻撃時のエフェクト3Dのサーヴァントのアクション美麗なイラストなど今までのブロックチェーンゲームにはないものばかりだ。一般的なゲーマーにも馴染みがあるのではないだろうか。

バトル画面を見ただけで感動した筆者だったが、ゲームを楽しむために早くプレイしたい気持ちを抑え、おとなしくチュートリアルを探すことにした。

一旦チュートリアルへ戻ることに

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面

チュートリアルを見ると色々な言葉や説明が出てきて混乱…。覚えられるのか不安に感じながらも読み進めてみるが、一回読んだだけで理解することは厳しそうだ。

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面

画面右下のtipsを開くと親切なヒントを発見!ヒントを見る限り「攻撃範囲」「同時攻撃による連携」「ジョブバランス」の3点がβテストでは重要になりそうだ。特に攻撃範囲同時攻撃による連携は相手のサーヴァントの体力を減らすための大切な戦略の1つになると感じた。

まるまるの画像
まるまる

正式リリース後は「強化」も大事な要素となるぞ。

デッキ編成へ

コントラクトサーバントのデッキ編成画面

ヒントで得た知識でひとまずデッキ編成を行うことにした。とりあえず「攻撃範囲」と「同時攻撃」を意識してデッキを組んでみる。編成自体は簡単で下に並ぶカードを、場に配置されたカードと入れ替えるだけだけだ。フィルターをかけると探しているカードがすぐに見つかるぞ。

コントラクトサーヴァントのチュートリアル画面

デッキを組んでいるとサーヴァントのスキル効果を知りたくなってきた。…が、探してみるがどこにもない。というか見つけられない。

しばらくデッキ編成画面をいじっているとサーヴァントカードの左下にマークを発見。ここをクリックするとサーヴァントの能力の詳細を確認できた。もちろんスキルの効果も

まるまるの画像
まるまる

選択中のサーヴァントをデッキに入れた後の攻撃範囲をプレビューできる機能があると嬉しい。

再びバトルへ

コントラクトサーヴァントのバトル勝利画面

とりあえずヒントを参考にデッキを組んでバトルに挑んでみた。結果は…見事勝利!実際に勝利してわかったが、このゲーム勝つと快感が半端ない。なんとなく自分の脳みそを試されている気がする。勝利後に脳汁ドバドバ出るのを感じるのは筆者だけではないはず。

この後少し連敗が続いたためもう一度デッキを組み直すことに。今度はサーヴァントのスキルの組み合わせやジョブを自分なりにカスタマイズしてガチガチにデッキを組んでみた。いよいよ本格的にコントラクトサーヴァントをプレイできる時が来たのだった。

その前にお昼ご飯へ

あまりにもゲームに夢中になりすぎた結果、いつのまにか休憩開始の時間を過ぎていた。ちなみにお昼はなぜか部長2人とお寿司を食べに行くことに。ありがたいお話を聞きながら頭の片隅でデッキ編成を考えていたとは口が裂けても言えない

30戦終了時点で結果は58位

コントラクトサーヴァントのデッキレシピ

↑最後に使っていたデッキのレシピ

ガチガチに組んだデッキでバトルへ挑むと勝利!勝利!勝利!の繰り返し。画面に何度も表示される「YOU WIN」が気持ちいい。あっという間に30戦が終わってしまい最終順位は58位だった。序盤に負けが続いてしまったのが悔やまれる。

自分がデッキ編成を考えた分バトルの結果に繋がるのは、コントラクトサーヴァントの最大の特徴だと感じた。自分の脳みそと対戦相手の脳みそで殴り合っているようなイメージだ。筆者は知将タイプのあなたに是非コンサヴァをプレイしてもらいたい。

オープンβバトルの感想

複雑だがそれが良い

最初は覚えることが多く戸惑ってしまったが、複雑なゲームシステムがあるからこそ戦略の幅が広がり、デッキ編成にやりがいを感じた。ユーザーが唯一触る「デッキ編成」とことん突き詰められる要素にしているのはグッドポイントだ。

また、プレイヤーが一切関与しないバトルだが、バトルの進行を見ているとデッキの長所短所が見つかる。ゲームに大きく関係しなさそうなバトルがデッキ編成の楽しさに直結するのが意外だった。

わかりやすさには改良の余地あり

βテストということもあるが、バトルの手順や用語を一瞬で理解するのが難しいと感じた。正式リリース後は実際のバトルを絡めたチュートリアルがあると、ユーザーはスムーズに理解できるだろう。一方でブロックチェーンゲームでありながらプレイ画面は従来のゲームと変わらないため、一般的なゲーマーでも参入しやすいのではないだろうか。

おすすめ関連記事

記事 記事概要
コントラクトサーヴァントのツイッターキャンペーン記事のアイキャッチ画像 プレイ動画ツイートキャンペーン開催中!
βテストと同時に開催されているプレイ動画をツイートするキャンペーン開催。参加方法や概要を解説中。
コントラクトサーヴァントのβテストの記事のアイキャッチ画像 βテストの参加方法
ついに始まったコントラクトサーヴァントのβテスト。参加方法を解説しているので気になる方は要チェックだ。
コントラクトサーヴァントのロゴ コンサヴァの遊び方紹介
期待大のブロックチェーンゲームのコントラクトサーヴァント。気になる遊び方を詳しく解説。
コントラクトサーヴァントの最新情報記事のアイキャッチ画像 コンサヴァの最新情報まとめ
コントラクトサーヴァントの最新情報を掲載中!コンサヴァに注目している人はぜひ見よう。